ここから本文です

PSGがネイマールに提示した破格の条件…飛行機贈呈にホテルのオーナー権も

フットボールチャンネル 9/14(水) 21:50配信

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールの代理人は、パリ・サンジェルマン(PSG)がこの夏に同選手を獲得するため提示した破格の条件について詳細を明かした。13日付の『ESPNブラジル』が伝えている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 代理人のワグネル・リベイロ氏は先日、ネイマールが夏の移籍市場でPSGやマンチェスター・ユナイテッドへの移籍に近づいていたと明かしていた。だが結局移籍が実現することはなく、バルサに残ったネイマールはクラブとの契約を2021年まで延長することになった。

 PSGは、バルサとネイマールの以前の契約に設定されていた契約解除金1億9000万ユーロ(約220億円)の満額を支払う意志があったという。移籍が実現したとすれば、手取り年俸4000万ユーロ(約46億円)という驚異的な稼ぎを得ることになっていたともリベイロ氏は話していた。

 だが、PSGがネイマールのために用意していたものはそれだけではなかった。6月はじめにスペインのイビサ島でバカンスを過ごしていたネイマールと会談したPSGのナセル・アル・ケライフィ会長は、同選手がブラジル代表に招集された際に乗るためのプライベートジェットをプレゼントすること、新たに世界展開するホテルチェーンのオーナー権をネイマールに与え、収益から一定のパーセンテージを支払うことも提案したとのことだ。

 アル・ケライフィ会長はさらに、ズラタン・イブラヒモビッチが退団したPSGでは、リオネル・メッシのいるバルサとは異なりネイマールが絶対的エースとなることも確約。バルセロナで悩まされる裁判問題から解放されることも強調したという。その後同会長はブラジルを訪れ、ネイマールの父親も交えて二度目の会談を行い、選手本人も移籍に乗り気な様子を見せていたとリベイロ氏は振り返っている。

 それでも結局、ネイマールはバルサに残った。7月1日に締結が発表されたバルサとの新契約による年俸は1500万ユーロ(約17億4000万円)と報じられており、PSGに提示された額には遠く及ばないが、それでも残留を選ぶ理由がネイマールにはあったのだろう。

フットボールチャンネル

最終更新:9/14(水) 21:56

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。