ここから本文です

【J1ベストイレブン】復活の“闘将”がMVP!神戸のブラジル人エースは圧巻の個人技|2nd・11節

SOCCER DIGEST Web 9/14(水) 17:00配信

復帰の闘莉王が名古屋のディフェンスラインを牽引。

 J1リーグは9月10日に第2ステージ11節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。
 

【J1PHOTO】第2ステージ・11節のフォーメーション&結果


【選出理由】
 今節、闘莉王が名古屋の最終ラインに帰ってきた。100パーセントのコンディションではないものの、類まれなリーダーシップで守備陣を牽引。持ち前のフィジカルと危機察知能力でサイドからのクロスやグラウンダーのパスをことごとく跳ね返した。採点は『7』。今節のMVPとした。
 
 神戸はブラジル人コンビで計4ゴールを奪取。どちらも甲乙つけがたい出来だったが、抜群の個人技で敵陣を切り裂き、45分と50分に得点をマークしたP・ジュニオールを選出した。

 MFには各チームで攻撃の中心となった6名を選出。なかでも、FC東京の中島は先制ゴールでチームに流れを引き寄せると、その後も攻撃の核としてチームを牽引した。DF陣には闘莉王のほか、柏の中谷と川崎の谷口を選んだ。谷口はCKから先制点を記録し、中谷は対峙した鹿島の金崎を抑えた。GKには浦和の西川を選出。決定機を防ぎ、チームの勝利に貢献した。
 
 今回は選外となったが、浦和の宇賀神、武藤、横浜の齋藤も出色の出来。なかでも齋藤は好調を維持しており、前節の鹿島戦では1ゴール・1アシスト、今節は得意のドリブル突破から決勝点に絡む活躍を見せている。

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
1 西川周作(浦和) 7
ムスタファ・エル・カビルと谷口の決定的なヘディングシュートをストップ。危うい場面はその2回ほどだったが、豊田らをターゲットにしたハイボールへの対処もパーフェクトだった。
 
DF      
4 中谷進之介(柏) 7
ハイボールの処理にもたつく場面が見られたが、それ以外は非常に安定していた。自信に満ち溢れた守備で、相手のエース・金崎を抑えた。
 
THIS WEEK MVP
4 田中マルクス闘莉王(名古屋) 7
コンディションが万全ではないなか、気迫を前面に押し出してプレー。次々と攻撃を撥ね返す守備はもちろん、周囲の力を引き出すリーダーシップも見事だった。
 
5 谷口彰悟(川崎) 7
中村のCKにニアで上手く合わせて先制点をゲット。守備面でもハイボールへの強さを発揮し、福岡の攻撃を撥ね返した。
 
MF
14 伊東純也(柏) 7(55分IN)
武富に代わり右ウイングで出場。58分に山本を振り切り、クロスでアシスト。第1ステージに続いて、抜群のスピードで相手の脅威となり、〝鹿島キラー″ぶりを発揮した。流れを変えた点でMOMに選出した。
 
14 中村憲剛(川崎) 7
巧みにポジションを変えながら、攻撃に関与。前半にCKから谷口の先制点をアシストすると、47分には相手の隙を突いて追加点を奪取。60分には小林へタイミング良くパスを通し、大久保のゴールにつなげた。
 
7 遠藤保仁(G大阪) 6.5
絶妙なパスを何度も供給し、攻撃をコントロール。セットプレーの精度も高く、長沢のゴールをアシストしたFKも完璧だった。
 
24 関根貴大(浦和) 7 
柏木のフィードを受けると、身体を張ってボールを失わず森脇にパスを託し先制点の起点になる。さらに阿部のパスを素早いターンから武藤につないで2点目をアシスト。守備も怠らず、激しさが売りの鳥栖の上を行く“熱い”プレーで、勝利に導いた。
 
7 江坂 任(大宮) 7(38分IN)
裏に走る動きは効果的で、頭一つ抜けた高い打点のヘディングで値千金の決勝点を叩き込む。
 
39 中島翔哉(FC東京) 7(71分OUT)
中央突破でチャンスを作るなどコンディションの良さを窺わせた。味方からボールが集まり、攻撃の中心に“この39番”がいた。決勝弾も光り、文句なしのMOMに。
 
FW
7 ペトロ・ジュニオール(神戸) 7
相手マークやアプローチをものともせず、個人技を炸裂させた。45分の同点弾は、敵の密集地帯に突っ込みを3人かわしてネットを揺らしたもの。2点目は角度のないところからピンポイントシュート。さらには針の穴を通すようなクロスで決勝点をアシストした。相手ゴール前に消えては現われ、守備陣の神経を疲弊させた。
 
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
 

最終更新:9/14(水) 17:04

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ