ここから本文です

名門ユーべと激突! 「劇的に意識するようになった」清武のチャンピオンズ・リーグへの想い

SOCCER DIGEST Web 9/14(水) 17:00配信

「日本代表が強くなるためにも…」

 セビージャの清武が、いよいよチャンピオンズ・リーグ(CL)に挑む。8月中旬、清武は自身初となる欧州最高峰の舞台について次のように答えていた。
 
「これまで、CLについてはあまり考えたことがなかったんです。でもドイツでの最後の1年で、劇的に意識するようになった。ハノーファーでチームメイトだった(酒井)宏樹と一緒にCLの試合を見る機会が多くなって、それで、いつか自分もこの舞台でやってみたいなと」
 
 シャルケの内田も「やっぱり、チャンピオンズ・リーグですよ。みんなの目がギラギラしているあの舞台で戦いたい」と言うように、大きな刺激をもらえるステージであることは間違いない。今大会にはドルトムントの香川、レスターの岡崎と複数の日本人選手が参戦するが、彼らと対戦する可能性もあるCLでの戦いを清武は「楽しみたい」という。
 
「日本代表が強くなるためにも、やっぱり多くの日本人選手があの舞台を経験したほうがいいと思う。もっとも、ドイツ時代の僕はいつも残留争いをしていて、突然今季からバルサやレアルと試合をしたり、CLに出ることになったりと、一気に環境が変化したわけですが……。
 
 サッカー選手って本当に、未来に何が起こるか分からないですよね。とにかくCLはすごく楽しみです。ドイツでの4年間がムダではなかったと、証明したい気持ちもありますし」
 
 グループリーグ初戦(9月14日)の相手は、ユベントス。セリエA5連覇中の名門クラブは3‐5‐2システムをベースにコレクティブなサッカーを展開するはずだが、果たして清武はこのアウェーゲームで輝きを放てるか。彼の今後を占ううえでも注目の一戦になるだろう。

「こいつ、めっちゃ巧いな」。清武が絶賛するリオ五輪世代のアタッカーとは?

 ちなみに、セビージャとユベントスが同居したグループHは、他にフランスのリヨン、クロアチアのディナモ・ザグレブが組み込まれている(ホーム&アウェー方式の総当たり戦)。この4チームのうち、上位2チームが16クラブで争われる決勝トーナメントに進む。

最終更新:9/14(水) 18:30

SOCCER DIGEST Web