ここから本文です

岡崎、CL初出場はなるか? ラニエリは「シンジは常に100パーセント」と重要性を力説

SOCCER DIGEST Web 9/14(水) 17:00配信

新たなライバル、スリマニの起用も?

 岡崎慎司の所属するレスターは9月14日(現地時間)にクラブ史上初のチャンピオンズ・リーグの舞台で、昨シーズンのベルギー王者のクラブ・ブルージュと対戦する。
 
 そのレスターの指揮官であるクラウディオ・ラニエリは今夏の移籍市場最終日に獲得したアルジェリア代表FWのイスラム・スリマニを起用することを示唆したと地元紙『Leicester Mercury』が伝えている。
 
 同紙によれば、ラニエリは9月13日に行なわれた会見で、「スリマニはプレーする準備ができている。だが、先発11人は今夜決める。もしかすると彼は先発して、少し疲れが見えたら交代させるかもしれない。もしかするとベンチスタートで、試合中に彼を投入する必要があるかもしれない」と明言は避けたが、新戦力となる大砲の起用をほのめかしたという。
 
 一方で、イタリア人指揮官は岡崎については、「シンジは常に100パーセントだ。たとえ良くない時でも全力でプレーしてくれる。私は彼のようなタイプを愛している」とコメントした。
 
 さらにラニエリは「守備でも、攻撃でも、味方へのサポートでも、得点する時でも、彼は我々にとって非常に重要な存在だ」と日本代表FWの重要性を力説した。
 
 エースのジェイミー・ヴァーディーはもはや唯一無二の存在であるため、FWの定位置に残されているのは1枠だ。そこにCLでのプレー経験も持つスリマニを入れるのか。それともCL出場経験はないものの、貢献度の高い岡崎を起用するのか。ラニエリの手腕に注目しよう。

最終更新:9/14(水) 19:02

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。