ここから本文です

アマゾン、好調なアシスタント端末を欧州で展開

JBpress 9/14(水) 6:00配信

 英フィナンシャル・タイムズなどの報道によると、米アマゾン・ドットコムはまもなく、スピーカー型の音声アシスタント端末「Echo(エコー)」を欧州で発売するという。

■ Echo、初めて米国外で販売へ

 同社は9月14日に英国ロンドンでプレス向けイベントを開催し、その会場でこの端末の欧州展開を発表すると見られている。当初販売対象となるのは英国、アイルランド、ドイツ、オーストリアの4カ国とのことだ。

 同社はこのEcho端末を2014年11月に市場投入したが、これまでは米国のみで販売していた。

 Echoは、高さ23.5cm、直径8.3cmの円筒形の端末。本体には2つのスピーカーと7つのマイクを内蔵しており、「遠距離音声認識」と呼ぶ技術で、室内の離れた場所にいても利用者の音声命令を聴き取る。

 そして常にインターネットに接続しており、AI(人工知能)を使った同社の音声アシスタントサービス「Alexa(アレクサ)」を利用できる。

 Echoでは、アマゾンの音楽配信サービスなどからの音楽再生や、同社傘下のオーディオブックサービス「オーディブル(Audible)」の朗読再生、ラジオ局のニュース/天気予報の再生、アラーム、タイマー、To-doリストやアマゾンのショッピングリストへのアイテム追加などが可能となっている。

■ アマゾンのハードウエア製品を牽引

 アマゾンはこの端末の販売実績を公表していないが、米国の調査会社CIRP(Consumer Intelligence Research Partners)は今年5月、その累計販売台数が300万台になったと推計していた。

 またザ・バージなどの海外メディアによると、Echoは米国で好調に売れており、同社のハードウエア製品の売り上げを牽引しているという。

 こうした成功が背景にあったのか、アマゾンは、Echoの小型版機器である姉妹製品「Amazon Tap」と「Echo Dot 」も開発し、米国で販売している。

 またこれらアマゾンの機器で利用できるアシスタントサービスは、当初同社が自社開発したものか、同社と提携する企業が開発したものだけが用意されていた。だが昨年6月、同社はこれを一般公開し、開発用ソフトウエアの提供も開始した。

 こうして開発された「スキル」と呼ばれるサービスは今年1月時点で約130種だったが、それからわずか半年足らずの今年6月、同社はアシスタントサービスで利用できる他社サービスが1000種を超えたと発表した。

 これにより、例えば、銀行口座の残高確認、宅配ピザの注文、配車サービスの依頼なども可能になった。

 今回のフィナンシャル・タイムズの記事によると、アマゾンのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)はかつて、音声アシスタントサービスについて、「小売りマーケットプレース」「有料会員プログラムのPrime」「クラウドサービス」に続く4つ目の柱になると述べ、その意気込みを示していたという。

■ 急速に進める海外展開

 なおアマゾンは最近、同社サービスの海外展開を急速に進めている。

 例えば同社にはボタンを1回押すだけで、商品の注文が完了する「Dash Button(ダッシュ・ボタン)」という製品があり、こちらもこれまで米国のみで提供していたが、この9月から英国、ドイツ、オーストリアで販売を開始した。

 また9月7日には、レストラン料理のデリバリーサービスを英国ロンドンで開始。

 このほかアマゾンは今年6月からロンドンで生鮮食料品の即日配達サービス「AmazonFresh」を始めていたが、9月8日にこのサービス対象地域がこれまでの2倍以上に拡大しと発表した。

小久保 重信

最終更新:9/14(水) 6:00

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。