ここから本文です

シリア内戦の死者数30万人、その内訳が発表された

ニューズウィーク日本版 9/14(水) 17:15配信

 シリア人権監視団は、2011年3月18日以降の紛争での死者数が2016年9月12日の段階で、30万人を越えたと発表した。

 同監視団によると死者総数は30万1,781人。

 内訳は民間人が8万6,692人(うち18歳未満の子供が1万5,099人、18歳以上の女性が1万18人)。
 武装集団、イスラーム主義集団、シリア民主軍の戦闘員が4万8,766人。
 シリア軍離反兵が3,593人。
 シリア軍将兵が5万9,006人。
 国防隊、バアス大隊、人民諸委員会、パレスチナ解放軍、シリア民族社会党、アラブ民族護衛隊、アレキサンドレッタ地方解放人民戦線、シャッビーハ、政権への内通者が4万1,564人。
 ヒズブッラー戦闘員が1,321人。
 イラン、アフガニスタンなどアラブ・アジア諸国出身のシーア派戦闘員、パレスチナ・クドス旅団戦闘員が5,163人。
 レバノン、イラク、パレスチナ、ヨルダン、湾岸諸国、北アフリカ諸国、エジプト、イエメン、スーダン、ロシア、中国、欧州諸国、インド、アフガニスタン、チェチェン、コーカサス、米国、オーストラリア、中央アジア出身のイスラーム国、シャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)、トルコマン・イスラーム党、ジュンド・アクサー機構、ジュンド・シャーム機構、ハドラー大隊、チェチェン・シャームの兵などの戦闘員5万2,031人。
 身元不明:3,645人。

 また上記死者総数のほか、シリア国内の刑務所の収監者の死者数が約6万人に達し、うち1万4,456人(こども110人と女性53人を含む)が拷問によって死亡したという。

【参考記事】1万7000人が殺され、今も殺され続けているシリアの刑務所はこんなところ

 さらにシリア軍、親政権武装集団が拉致した約5,000人と反体制武装集団、ダーイシュ(ISIS)、ヌスラ戦線が拉致した約2,000人が行方不明だという。

 なお、外国人戦闘員の死者数は7万人以上におよぶとの推計もあり、これらの死者数も合わせると、総数は43万人におよぶという。



AFP, September 13, 2016、AP, September 13, 2016、ARA News, September 13, 2016、Champress, September 13, 2016、al-Hayat, September 14, 2016、Iraqi News, September 13, 2016、Kull-na Shuraka', September 13, 2016、al-Mada Press, September 13, 2016、Naharnet, September 13, 2016、NNA, September 13, 2016、Reuters, September 13, 2016、SANA, September 13, 2016、UPI, September 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

※当記事はシリア・アラブの春 顛末記:最新シリア情勢からの転載です。

青山弘之(東京外国語大学教授)

最終更新:9/14(水) 17:15

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。