ここから本文です

共働きも、お金持ちになりたければ住む場所を選べ

ニューズウィーク日本版 9/14(水) 18:38配信

<「人は想像以上に住む場所から影響を受ける」と、『共働き夫婦のためのお金持ちの教科書』著者の加谷珪一氏。今や結婚したカップルの半数以上が共働きとなるが、そうした人たちの資産形成にも「住む場所へのこだわり」は不可欠だ。では、どういう場所に住むのがよいのだろうか>

 日本で共働き世帯は増加傾向にある。独立行政法人の労働政策研究・研修機構によれば、共働き世帯は1114万世帯で、専業主婦世帯は687万世帯(2015年)。90年代半ばに共働き世帯が上回って以来、その差は開く一方だ。

 若い女性の専業主婦志向がメディアで取り沙汰されたりもするが、現実には、結婚したカップルの半数以上が共働き夫婦となる。それも「生活のために...」といった、お金にまつわる消極的な理由を挙げる人が少なくない。

 だが、もともとお金持ちの人――あるいはお金持ちと結婚した人――でない限り、共働きはむしろ「お金を稼ぐのに有利」だと、ポジティブに捉えるべきではないだろうか。本誌ウェブコラム「経済ニュースの文脈を読む」でお馴染みの評論家であり、億単位の資産を運用する個人投資家でもある加谷珪一氏によれば、夫も妻も「富を生み出す資産」であり、夫婦とはいわば「ポートフォリオ(資産の組み合わせ)」なのだ。

 加谷氏は新刊『30年後もお金に困らない! 共働き夫婦のためのお金持ちの教科書』(CCCメディアハウス)で、夫婦という資産が生み出す収益を最大化するためには、合理的に振る舞うことが大切だと指摘。マイホームから、貯蓄と投資、保険、子どもの教育費、親の介護と相続まで、共働き夫婦の「収益性」を上げるのに役立つ57の基礎知識を伝授している。

「夫+妻+夫婦」という3つの財布を持つことを推奨する本書から一部を抜粋し、5回に分けて掲載する。第1回は「No.22 住む場所、こだわりは?」から。


『30年後もお金に困らない!
 共働き夫婦のためのお金持ちの教科書』
 加谷珪一 著
 CCCメディアハウス


◇ ◇ ◇

●お金持ちになれる人 → できるだけ便利な場所に住む●お金に縁がない人 → 遠くてもよいので広い家に住む

 お金持ちの人は、総じて利便性の高い場所に住んでいます。通勤時間は自分で思っているほど有効活用できていないのが現実です。これからお金持ちになりたいと思っている人ならなおさら時間の確保は重要となります。多少無理してでも移動時間によるロスは最小限にした方がよいでしょう。

便利な場所に住むとかえって消費が減る

 人は想像以上に住む場所から影響を受ける動物です。1日の時間の中で、移動に使う時間はかなりの割合を占めますが、これが人の思考に大きな影響を与えています。

 電車に乗っている時間は正味30分程度でも、その前後を合わせると1時間近くの時間になることも少なくありません。通勤で往復2時間という時間は、1年では480時間にもなります。1年間で丸20日間の時間が通勤で使われているわけです。便利なところに住めば、こうした時間すべて有効活用することができます。

 このことがもたらす精神的余裕は、数字では言い表せないほど大きく、仕事や家庭生活の質は格段に向上します。

参考記事:【図解】そもそもお金持ちって?



 利便性のよい場所に住むメリットはそれだけではありません。実は、ムダな出費が減ってくるという意外な効果もあるのです。便利な場所に住んでいると、どんな場所でも、いつでも行くことができます。そうなってくると、休日にわざわざ力を入れて繁華街に出かける意味はなくなり、結果的に、外食費などの支出も少なくなるのです。

 確かに、便利なところは家賃も高めですが、近いからといって2倍も高いわけではありません。また家賃が高いと、本当にそのスペースは必要なものなのか徹底して吟味する習慣も付いてきます。いわゆる「断捨離」を自動的に実施できるわけです。結果的にシンプルで、最小限のスペースで生活ができるようになってくるでしょう。

 最近、不動産業界では、都市部の狭いファミリー向けマンションに対するニーズが高まっているそうです。50平米以下の物件で間取りを細かくしてファミリー向けに仕立てたものですが、こうした物件が売れるということは、多少スペースを犠牲にしてでも、便利な場所に住みたいと考える人が増えていることを反映しています。

 子供が同居するのは、せいぜい二十数年です。高齢で夫婦二人になってからは、むしろ便利な場所に住んでいる方が、あらゆる面で有利です。特に大型の総合病院が近いことは、高齢者になってからは大きな意味を持ってくるでしょう。

参考記事:【図解】タワマンに住む人はお金持ちではない?

※第2回は9月15日に掲載予定です。


『30年後もお金に困らない!
 共働き夫婦のためのお金持ちの教科書』
 加谷珪一 著
 CCCメディアハウス

最終更新:9/14(水) 18:38

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

なぜ今? 首相主導の働き方改革