ここから本文です

欧州で吹き始めたディープ旋風。マカヒキが凱旋門賞を勝てば……。

Number Web 9月14日(水)18時1分配信

 日本のダービー馬マカヒキ(牡3歳、父ディープインパクト、栗東・友道康夫厩舎)が、9月11日、凱旋門賞の前哨戦であるニエル賞(仏シャンティー芝2400メートル、3歳GII)を優勝。日本馬初の凱旋門賞制覇に向けて弾みをつけた。

 直前に有力馬が続々と回避し、ニエル賞は5頭立てという少頭数での争いとなった。

 圧倒的1番人気に支持されたマカヒキは、クリストフ・ルメールを背に、縦一列となった緩い流れのなか3番手で折り合った。

 直線に入ってもしばらく持ったままだったが、ラスト300メートルあたりでルメールがゴーサインを出すとスパートし、前をきっちり差し切った。勝ちタイムは2分35秒84。2着との着差は首。大勝ではなかったが、完勝だった。

落鉄しての完勝は、力の差を感じさせる。

 「70パーセントか80パーセントの状態だったが、直線では速かった。まだまだよくなるので、凱旋門賞が楽しみです」とルメール。

 ダービー以来3カ月半の休み明けで海外初戦だったこともあり、脚をはかりながらの騎乗だったように見えた。

 右回りのコースなので、コーナーを右手前で走ったあと、直線で左手前に替えるのだが、このときのマカヒキは、ゴーサインを受けてから、また右手前に戻してフィニッシュしていた。手前を何度も替えるのは、苦しいときだったり、逆に全力を出していないときだったり、あるいは、自分の得意なほうの手前で走ろうとするときだ。今回は余力があったから替えたと思われるのだが、レース後、右後ろ脚を落鉄していたことが判明した(つまり裸足で走っていた)というから、よほど他馬とは力の差があったのだろう。

 同じ距離の日本ダービーより10秒以上遅い決着となった超スローな流れのなかでもピタッと折り合っていたし、春よりもいくらか胴が伸びたように見えた。血統的には間違いなく短距離向きなのだが、距離に対する不安は皆無といっていい。

凱旋門賞ではおそらく4番人気前後か。

 日本馬がニエル賞を制したのは、同じディープ産駒のキズナによる3年前の2013年以来、2度目のことだ。

 本番の凱旋門賞で、マカヒキは、おそらく4番人気ほどの支持になるだろう。

 1番人気は、春のドバイシーマクラシックでドゥラメンテを負かすなど、GI4連勝中の英国馬ポストポンドか。仏牝馬二冠をはじめ8戦全勝のラクレソニア、10日の愛チャンピオンステークスを圧勝した仏ダービー馬アルマンゾルも、出てくればかなり人気を集めそうだ。

 今年の凱旋門賞は、JRAによる海外レースの馬券発売の記念すべき第1弾となる。インターネット投票限定で、国内での発売による独自のオッズなので、応援票を集めるマカヒキが1番人気になるのではないか。

 ディープインパクトが凱旋門賞で3位入線後失格となってから10年。

 マカヒキのオーナーは、ディープと同じ金子真人ホールディングス(株)だ。母ウィキウィキも金子氏が所有して走らせた「金子真人血統」で、ディープで果たせなかった夢を追いかけている。

1/3ページ

最終更新:9月14日(水)18時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。