ここから本文です

“ドラ1”兄へのライバル心は今や昔。ロッテ大嶺翔太に漂う覚醒の気配。

Number Web 9月14日(水)18時1分配信

 これで肩の荷が1つ降りたのではなかろうか。

 昨年の5月10日、兄・大嶺祐太と初めて兄弟揃ってのお立ち台に上がった弟・大嶺翔太の姿を見て、ふとそんなことを考えた。

 甲子園で“八重山旋風”を巻き起こして、プロ1年目から一軍デビューを果たした兄、一方で高校時代は甲子園出場の経験がなく、プロに入っても一軍デビューまで5年の月日を要した弟。

 「出来ることなら他球団に入って兄と対戦したかった」

 '09年のドラフト会議の指名直後に思わず出た本音も、大嶺祐太の弟だから自分はプロに入ったのではない。自分の力でここにたどり着いたと、証明したいがために出た言葉のように思えた。

 とは言え、弟の翔太が、兄の祐太を嫌っていたかと言うとけっしてそうではない。

「石垣島にいる祖父と祖母に恩返しがしたい」

 兄をライバル視していたとされる入団1年目のころ、彼は冗談交じりにこんなことを筆者に漏らした。

 「家にいるときの兄は、昔から自分(翔太)の買ってきたジャージやトレパンを勝手に着たり、履いたりするんですよ。ホント勘弁してほしいですよね」

 言葉だけをとれば一見、愚痴を漏らしているようにも思えるが、筆者にはそれだけ仲の良い兄弟のエピソードのように思えた。冒頭でも触れた2人で立った初のお立ち台の場面でも、兄の祐太は弟と並ぶ自分の姿に、目を潤ませていたようにも見えた。何かこみ上げてくる想いがあったに違いない。

 弟の翔太も言う。

 「兄が(千葉ロッテに)いたから今の自分があると思っています。だから今は兄と一緒に一軍で活躍して、石垣島にいる祖父と祖母に恩返しがしたいんです」

打撃を改善するために改善した2つの意識とは?

 そう答える彼に、ドラフト後「別のチームで対戦したい」と漏らしたころの、兄に対するライバル心は存在しない。兄を変に意識することも、比較することもない。今の自分を信じているからこそ、信じるだけの努力をこの7年間続けてきたからこそ、ファンも翔太を「大嶺祐太の弟」としてではなく、一選手として見るようになった。本当の意味で兄と肩を並べる存在になったと言えるだろう。

 '14年に初の一軍昇格を果たし16試合に出場、'15年にはさらに数字を伸ばして41試合に出場した翔太だが、打席数は出場試合数に比例することなく横ばい。再度、自身の打撃を見直そうと昨年の秋からあることに取り組んだ。

 「僕はどちらかというとフォームが前に流れる……突っ込む癖があったんです。それをどうにか右足で我慢できるようにしてスイングをする練習と、一番、力が入るポイントのお腹の前でバットのヘッドが返るような意識、その2つを考えるようにしました」

1/2ページ

最終更新:9月14日(水)18時1分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]