ここから本文です

国枝慎吾、36歳で東京を目指す!3連覇が潰えた直後の驚くべき言葉。

Number Web 9月14日(水)19時1分配信

 完敗だった。

 9月13日、車いすテニス男子シングルスの準々決勝が行われた。国枝慎吾はヨアキム・ジェラール(ベルギー)と対戦し、3-6、3-6のストレート負けを喫した。

 北京、ロンドンに続く3連覇を狙って臨んだ大会だったが、その夢はベスト8で潰えることになった。

 「最後まで相手のパフォーマンスの方が上回ったなと思います」

 試合を振り返り、国枝はこう語った。

 ジェラールとの過去の対戦成績は国枝の12勝2敗。今年も2度対戦し、ともに勝利している相手だ。その事実からすれば、思わぬ敗退と言える。

 だが、今大会は王者という肩書きよりも、チャレンジャーとして挑んだ大会だった。それほどまでにパラリンピックまでの道のりは困難を極めた。

手術後、実戦を重ねられずに大会本番へ。

 昨年9月の全米オープンのあと右肘に違和感を覚えた国枝は、今年4月、クリーニング手術を受けた。そこから再起してのリオだった。

 実は優勝したロンドンのシーズンにも、手術を行っている。2月に右肘を手術し、そこから復帰しての金メダルであった。

 しかし当時と比べても、さらに苦しい状況に追い込まれていたのは否めない。最大の問題は、実戦の少なさである。

 ロンドンのときは手術後に20試合以上をこなしてパラリンピックに臨んだが、今回は10試合にも達することができなかった。

 しかも今年は、6月の全仏オープンで準決勝敗退に終わったあと、7月のウィンブルドン選手権を欠場するなど、パラリンピック直前の大切な時期に実戦を離れていた。

 いかなる実力者であれ、試合勘を取り戻すには時間がかかる。過去の実績とは裏腹に、挑む立場だという自覚は本人にもあっただろう。

「試合勘が完全に戻りきっていなくて……」

 それでも初戦となった2回戦では、ダニエル・ロドリゲス(ブラジル)に6-2、6-1。3回戦では董順江(中国)に6-1、6-4とストレート勝ちを重ねて準々決勝へ進んだ。

 しかし内容の面では、本来の国枝の出来とは程遠かった。3回戦ではいくつかダブルフォールトもあり、自身のプレーに納得がいかない表情やしぐさを見せる場面もあった。

 迎えた準々決勝。国枝のサービスゲームで試合は始まる。第1ゲームから、強風で中断するなど荒れたコンディションで試合は進む。

 相手のジェラールがサーブの高い成功率を誇るのに対し、国枝はサーブに苦しむ。象徴的なのは第6、第7ゲームだった。第6ゲーム、ジェラールのサービスゲームをデュースに持ち込んだものの、最後は152kmのサーブを決められてブレークに至らず、逆に第7ゲーム、国枝にダブルフォールトが続いてブレークを許し、このセットの流れは決した。

 ストロークでも、持ち味の揺さぶりは発揮できなかった。

 「自分の中の試合勘が完全に戻りきっていなくて、この3日間すごく苦労していました。最後まで戻ってこなかったのが少し残念です」

 悔しさは、隠し切れなかった。

 「ほんとうに苦しい1年でした」

 リオに向けて試行錯誤した時間を振り返る言葉には、実感がこもっていた。それでも国枝は、失意に沈むことなくこう口にした。

 「若手が伸びてきています。コンディショニング、練習をしっかり積んで、やり直したいです」

パラリンピックはまだ終わっていない!

 見据えるのは、2020年の東京パラリンピック。36歳で迎える大舞台だ。

 肉体的には、決して楽な4年間にはならない。それでも、すぐに次に目標を切り替えるところに、国枝の真骨頂がある。自身の可能性とさらなる進化を信じているからこその言葉でもある。

 ここから再出発し、4年後へどう向かっていくのだろうか。

 ただ、リオはまだ終わっていない。斎田悟司と組んだダブルスの3位決定戦が残っている。

 対戦相手は、三木拓也・真田卓。

 互いをよく知る4者の対戦は、15日に行われる。楽しみな一戦だ。

(「パラリンピックPRESS」松原孝臣 = 文)

最終更新:9月15日(木)10時16分

Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

911号
9月23日発売

特別定価600円(税込)

<広島優勝 特別編集>カープの魂。

【スペシャル対談】黒田博樹×新井貴浩
【ナンバーノンフイクション】鈴木誠也が“神る”まで。

5度目の核実験 北朝鮮を止めるには

5度目の核実験に踏み切った北朝鮮。阻止するすべはないのか、北朝鮮情勢に詳しい専門家やベテラン研究者に聞いた。