ここから本文です

9月にスタートできる野菜──苦みやクセのないオータムポエム

NHKテキストビュー 9/14(水) 15:00配信

今月、タネまきや植えつけができる野菜を、恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんが紹介します。管理作業については、来月号「野菜作り

10月の作業は?」で引き続き紹介します。



* * *


■オータムポエム


コウタイサイ(紅菜苔)とサイシン(菜芯)という、中国のナバナをもとに作られた野菜です。見た目は菜の花のようですが、別名のとおり、アスパラガスのような風味があり、苦みやクセがないのが特徴です。また、ほかのナバナの仲間とは異なり、9月にタネをまき、2か月以内に収穫を開始できるのも魅力です。



まだ夏の暑さが残るこの季節は害虫の被害を受けやすいので、タネまき後は不織布(ふしょくふ)をかけて防除します。主枝(しゅし)の蕾(つぼみ)が1~2輪ほころんだら、摘心(てきしん)を兼ねて収穫し、わき芽(め)の成長を促します。花か蕾らいの開花が進むと茎がかたくなり、筋張ってきます。花が咲きすぎる前の収穫を心がけましょう。



収穫中も2週間に1回の追肥(ついひ)を続けると、わき芽が次々と成長して、年末まで収穫を楽しめます。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2016年9月号より

NHK出版

最終更新:9/14(水) 15:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

NHKテキストビューの前後の記事