ここから本文です

極度のケチvs.極度の浪費家…女性からの支持は?

R25 9/15(木) 7:00配信

“デートで奢らない男”が女性から敬遠されるケースが多いのは周知の事実。とはいえ、先々を考えると気前よく奢りすぎる男性もそれはそれで心配なような…。もし、彼氏が“極度の浪費家”と“極度のケチ”だとしたら、どちらの方がマシなのだろう? 20~30代独身女性会社員200人にアンケート調査を実施。女性たちの本音を探った(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

〈どっちの男性の方がマシ?〉

・宵越しの金は持たない「極度の浪費家」 32.0%
・1円単位の割り勘は当たり前「極度のケチ」 68.0%

迷惑度でいえばどっちもどっちだが、「極度のケチ」の方がマシ! という人が約7割で多数派に。ルーズよりはキッチリしすぎている方が許容されるよう。なお、それぞれを選んだ回答者の意見は以下のとおり。

■宵越しの金は持たない「極度の浪費家」派の意見
「ケチはどうにもならないけど、浪費家なら躾次第でどうにかなりそう」(30歳)
「お金の管理は自分自身でもできるのでケチは人としての評価にもかかわるから」(33歳)
「太っ腹にお金を使う人の方が男らしいから。ケチな人のことを男性として見られない」(34歳)
「ケチは嫌い。浪費家は、お金がなくなっても手助けする気はないから害はない」(35歳)
「ケチよりマシ。以前付き合ってた人に私の誕生日の旅行なのに旅費を請求されて別れたから」(38歳)

■1円単位の割り勘は当たり前「極度のケチ」派の意見
「浪費家はむり。生活が出来なくなるから。金がなくなったら借金しかねない。割り勘はきちんとしてるから」(29歳)
「金がないよりある方がましだから。一見けちで器が小さく思えるけど、長い目で見たら堅実に貯めようとしてる方がよいから」(30歳)
「割り勘程度ならケチだとは思わない。結婚するならそのくらいしっかりしてほしい。浪費家は論外」(32歳)
「お金の管理がきちきちな方が頼もしさを感じるから」(37歳)
「経済観念がない人は信用できない」(38歳)

コメントを見比べてみると、その男性とどう付き合うかについて見方が異なる印象だ。「浪費家」派は、現時点の彼氏としてどうなのかという観点なのに対し、「ケチ」派は、結婚を踏まえたうえで将来が見通せるかを考えているよう。なお、両方とも“もう一方よりはマシ”という表現が多いけれど、「ケチ」派については、「むしろ、しっかりしていて頼れる」といった評価もチラホラ。

将来不安が叫ばれる昨今。羽振りが良すぎる男性よりも、意外とケチな男の評価は高いのかも…?

(千川 武)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/20(火) 21:29

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。