ここから本文です

朝のお得割引で、朝時間をとことん楽しむ

NIKKEI STYLE 9/15(木) 7:00配信

 少し早く起きて、自分のために朝の時間を使う――。朝時間の活用にはまっている人は多い。しかも、朝は割安な料金でさまざまなサービスを利用できる。映画やカフェから豪華なホテルビュッフェまで、朝割サービスをチェックしてみた。

■ホテルの朝食ビュッフェなら雰囲気まで楽しめる

 喫茶店やカフェのモーニングサービスをはじめ、午前中は映画を安く見られたり、高速道路や新幹線の料金が安くなることも。早朝は、テニスコートやゴルフ練習場などスポーツ施設を特別料金で利用できる場合もある。
 節約アドバイザーの和田由貴さんは、「同じサービスが安く手に入るので、上手に使えばかなりお得。まずは自分が利用できるサービスがないかチェックしてみては」とアドバイスする。おすすめはホテルの朝食ビュッフェ。「ディナーは高いからランチに行くという人は多いと思いますが、朝食はランチよりもさらに安く、ホテルのゴージャスな食事と雰囲気を楽しめます。朝食といってもお昼近くまで食事できるところもあり、ブランチ感覚で利用する手も」。頑張った自分へのご褒美にもぴったりだ。

[朝食ならホテルのビュッフェも割安!]

・銀座キャピタルホテル(東京・銀座) レストラン アイリス 1512円(前売り券1050円)(6時半~10時):30種類以上のバイキングメニューがそろう。前売り券は宿泊者のみ。・コンラッド東京(東京・汐留)セリーズ 3780円(平日6時半~10時半、土日祝7~11時):ビュッフェに加えて、卵料理、フレンチトーストなどから1品選べる。ビュッフェのみは2808円。別途サービス料がかかる。・ホテルメトロポリタン(東京・池袋)オールデイダイニング クロスダイン 2660円(6時半~10時):和食から洋食までそろった朝食ビュッフェ。・リーガロイヤルホテル大阪(大阪・中之島)オールデイダイニング リモネ 2800円(6時半~10時):和洋そろったビュッフェ。モーニングローストビーフも。*料金はすべてビュッフェメニュー

[朝のお得いろいろ]

・午前中なら500円引き! 映画モーニングショー割引:平日午前中に上映される映画の料金が1800円⇒1300円に。 イオンシネマ「ハッピーモーニング」(平日10時台まで)、MOVIX「モーニングファーストショー」(平日初回上映)など

・最大50%引き 高速道路ETC割引:平日6~9時に、NEXCO東日本・中日本・西日本が管理する高速道路(東京・大阪近郊は対象外)をETCカードで利用したとき、1カ月ごとの利用回数に応じた還元率(利用5~9回は約30%、10回以上は約50%)でETCマイレージサービスに還元額を付与。還元額は無料通行分として利用できる。事前にETCマイレージサービスへの登録が必要。

・ドリンク付きで約400円 カフェ&ファストフードドトールコーヒーショップ「朝カフェ・セット」:午前10時半まで「Aセット ハムタマゴサラダ」(390円・写真)。トマトとハムなどを挟んだサンドとドリンクのセット。飲み物はアイスコーヒー、カフェ・ラテなど8種類から選べる。珈琲所コメダ珈琲店「モーニングサービス」:午前11時まで、ドリンク料金(ブレンドコーヒー420円)にトーストとゆで卵などが付く。モスバーガー「朝モス」:午前10時半まで、お得なドリンクセットメニュー(モーニングバーガーB.L.T.ドリンクセット410円)を販売。

・平日1人580円~ カラオケラウンドワン「カラオケ早朝割」:平日オープンから11時までの入室、土日祝日朝5時から9時までの入室で、割引料金に(実施店による)。

・6時台がお得! 新幹線JR東海「IC早特タイプ21」:21日前までの予約で、朝6時~6時59分に乗車駅を出発する東海道・山陽新幹線の「のぞみ」号普通車指定席が割安に。東京~新大阪間の普通車指定席が通常と比べ3450円安など。エクスプレス予約を使用した場合。

※すべて税込み価格。2016年7月26日編集部調べ

この人に聞きました
節約アドバイザー和田由貴さん 消費生活アドバイザー、家電製品アドバイザー、食生活アドバイザーなどの資格を持ち、暮らしや家事の専門家として多方面で活躍。著書に『月3万円貯まるムダなし生活術』(ナガオカ文庫)など。
[日経ウーマン 2016年9月号の記事を再構成]

最終更新:9/15(木) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。