ここから本文です

iPhoneにSuica JR東のキーパーソンを直撃

NIKKEI STYLE 9/15(木) 7:00配信

 2016年に登場したiPhone 7/7 Plusは、日本にとって特別な意味を持っている。iPhoneの弱点と言われ続けてきた「FeliCa(フェリカ)」「Suica(スイカ)」対応が実現したからだ。10月下旬より、JR東日本がiPhone向けのSuicaのサービスを、そしてアップルが同時に、非接触決済「Apple Pay」の日本国内でのサービスを開始する。

 iPhone 7の発表にあわせ渡米していた、JR東日本の小縣方樹取締役副会長に、SuicaのiPhone対応について聞いた。

■iPhone向けは「新たに作ったスマホのSuica」

小縣副会長(以下敬称略):iPhone 7とApple Watch Series 2にSuicaが搭載されることには、我々としても大きな期待を抱いています。 お勤めの方々は会社から定期券を支給されているわけですが、これまで定期券はiPhoneに載せることができませんでした。今後、鉄道の機能とiPhoneが融合することにより、ぞくぞくするような体験が生まれると期待していますし、そうなると信じています。

 小縣副会長は、興奮気味にそう話す。同社にとっても、iPhoneへのSuica対応は悲願だった。いつから交渉をしていたのかは話せない、とのことだが、相当な期間をかけて、交渉と開発を続けていたのは間違いない。

 今回の対応の骨格は、iPhoneのハードウエアがFeliCa(国際規格としてはNFC Type-F)に対応したこと、そして、アップルの決済技術である「Apple Pay」にSuicaが対応したこと、そして、JR東日本からiPhone用の「Suicaアプリ」が登場することだ。

 これらの準備は10月下旬までに整えられ、iPhone 7とApple Watchの新型モデル「Series 2」の日本向けに出荷される製品で利用可能になる。「日本向けの製品」とわざわざ断るところからわかるように、日本以外に向けて出荷されるiPhone 7と、日本向けに出荷されるiPhone 7は中身が少々異なる。日本向けのみが、海外で広く使われている「NFC Type-AおよびB」と「NFC Type-F」に対応する。要は、日本で大手携帯電話事業者やアップルから購入するiPhone 7に関してはSuicaが使える、ということだ。

小縣:まずiPhone 7では、お客様が手持ちのSuicaカード、My SuicaおよびSuica定期券をApple Payの中に追加して使えるようになります。やり方は簡単で、iPhoneとお手持ちのSuicaカードを重ねるだけです。すると、Suicaカードの中の、残額や定期券の情報などがApple Payの中に入ります。 また、Suicaは合計8枚まで、Apple PayのWalletの中に追加できます。仕事とプライベートなどで使い分けていただく際にいいでしょう。
 Suicaには、ICカードとしての「Suicaカード」と、携帯電話などで使える「モバイルSuica」がある。ここでいうのはまず「Suicaカード」の方だ。iPhone 7に、手持ちのSuicaカードの情報を「取り込む」ことができる。すると、取り込んだSuicaカードの情報は、ICカードからは消える。今後は、取り込んだiPhone 7が、Suicaカードとして働くことになる。カードは使わなくなるので、カード発行時に支払った「デポジット」の500円は、iPhone内にSuicaのチャージとして還元される。

小縣:Apple PayのWalletとは別に、JR東日本より「Suicaアプリ」を提供予定です。こちらは、これまでの「モバイルSuica」と同じ、と考えていただいてかまいません。新幹線の切符なども買えますし、ここから新規のSuicaを発行することもできます。詳細はまた後日、ご説明させていただく機会を設けたい、と考えています。

 モバイルSuicaは、Suicaカードよりも高度な機能を複数備えている。新幹線や特急の切符をチケットレスで購入する機能がその一つだ。それらについては、JR東日本のアプリで対応する「二段構え」のやり方になっている。JR東日本エリア以外に住んでいたり、利用路線ではなかったりしてSuicaカードを買えない・持っていない人は、Suicaアプリの中からソフト的なSuicaを作ってWalletに登録する。この辺りも、モバイルSuicaと同じである。また、Android(アンドロイド)や従来型携帯電話(フィーチャーフォン)からの機種交換に伴う残高や設定内容の移行も、Suicaアプリで行うという。

小縣:今回は一からコンセプトをつくり、設計しました。ですので、ユーザー・イクスペリエンスが非常に高くなっています。「いままでのモバイルSuicaとの違いは?」と質問をいただくのですが、ベストソリューションをつくり上げた、とご理解いただきたいです。

 これまでのモバイルSuicaとApple PayによるSuicaの違いは、Suicaカードの扱いにある、といってもいい。モバイルSuicaは、物理的な存在であるSuicaカードとは切り離した形で存在していたがために、わかりにくい部分があった。

 それに対し、Apple Pay版のSuicaは、ICカードをかざすだけで「Suicaカードから移行」できる。モバイルSuicaに二の足を踏んでいた人も「iPhoneでのSuica」には移行しやすい。残高追加はApple Pay側に用意されていて、非常にシンプルだ。

 また、iPhoneからiPhoneへ移行する場合には、アップルのクラウドサービス「iCloud」を経由するため、アプリや設定を移行すると、同時にApple Payの残高・設定も移行することになる。こちらもシンプルだ。なお、iPhoneを紛失した際にも、ネットからiPhoneの位置を確認したり、利用を停止したりできる。Apple PayおよびSuicaもこれに倣うため、紛失対策もわかりやすい。「鉄道会社は安全第一、アップルもセキュリティーを重視している」と小縣副会長はいう。

 実際に使ってみるまで結論は避けるが、確かにこれならば、これまでのフィーチャーフォンやスマートフォンと比べても、わかりやすい「スマートフォン上のSuica」が期待できそうだ。

1/2ページ

最終更新:9/15(木) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。