ここから本文です

【書評】野球中継の名物アナが明るく語る介護問題

NEWS ポストセブン 9月15日(木)7時0分配信

【書評】『熱闘!介護実況 私とオフクロの7年間』/松本秀夫 著/バジリコ/1300円+税

【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

 著者の松本秀夫氏はニッポン放送のスポーツアナウンサーだ。おっちょこちょいで、酒好き、女好き、釣り好きのダメおやじキャラクターなのだが、腕は超一流で、特に野球中継をさせたら、日本一だ。

 野球中継は、普通のアナウンサーにはできない。普段から選手や監督と接して深い知識を身に付けたうえで、投球の種類や打球の行方などを瞬時に判断して、短い言葉でラジオのリスナーに伝えないといけない。著者の野球中継を聴くと、目の前に一つひとつのプレーが浮かんでくるようなのだ。

 今から14年も前になるが、私は半年だけ著者と一緒に仕事をしたことがある。プロ野球のシーズンオフに「ショウアップナイターニュース」という番組をやったのだ。夕方の番組だったのにもかかわらず、エロ話を延々とするなど、やりたい放題だった。そのせいで、私は二度とその番組枠に呼ばれなくなったのだが、番組をやっているときの著者は、まさに天真爛漫そのものだった。

 だから本書を読んで、著者が我が家とほぼ同じ時期に、介護問題を抱えていたことにとても驚いた。もちろん違いはある。我が家の介護は私の父親で、著者は著者の母親だった。そして、一番の違いは、介護の担い手が、私の場合は妻だったのに対して、著者の場合は著者自身だったということだ。

 要介護の状態は二種類ある。頭がしっかりしている場合とそうでない場合だ。実は、頭がしっかりしている方が、手がかかる。老化の進行とともに、しっかりとわがままになっていくからだ。

 著者は、本書のなかで、頭のしっかりした母親にもっと優しく寄り添うべきだったと一貫して述べている。だが、仕事を持つ男性ができることには限界がある。その他、介護施設でのいじめの問題、介護に伴う金銭負担の問題など、誰もが直面する介護問題が、隠すことなく語られている。本書の一番の長所は、野球中継の形式を採ったことだ。「真面目にふざける」著者の名調子で、深刻な問題を明るく考えさせてくれるからだ。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

最終更新:9月15日(木)7時0分

NEWS ポストセブン