ここから本文です

ジョコビッチの声は魅力的 「鳩が集まった」と畑正憲氏

NEWS ポストセブン 9月15日(木)7時0分配信

 ムツゴロウさんとして親しまれる畑正憲氏は、「そもそも人間も動物も同じ生き物。分けて考えるのが間違い」という考えの持ち主。そんな畑氏は、アスリートも一種の動物として見ているようだ。北海道標津郡中標津町のムツ牧場で暮らしている畑氏を、ノンフィクションライターの山川徹氏が訪ねた。(文中敬称略)

 * * *
 8月中旬。リオ五輪が佳境を迎えていた時期であった。

「ずっとテレビに釘付けだから大変ですよ。毎日寝るのが11時だから」

──夜11時までオリンピックを見ているんですか?

「いえ。昼の11時。ずっと中継を見ているから寝るのが昼前になってしまうんです。スポーツのことになると、ぼくはクレイジーだから。ボルトはダメだろうと思っていましたが、金メダルを取った。人類学的に見ても彼の身体は走るのに適しているんですね」

 動物と麻雀に対してクレイジーなのは知っていたが、スポーツもそうだったとは意外だった。それにしても、だ。ボルトの体格の話はまだ分かる。クレイジーさ……いや、面白さを感じたのは、テニスのジョコビッチの話である。

「ジョコはショットのたび『ウン!』『ウン!』と叫ぶでしょう。その声が聞こえると家にハトが集まってくるんですね。繁殖期のハトは鳴き合ってコミュニケーションを取るから、ジョコの声がよほど魅力的だったんですね」

 やはり視点が違う。畑はアスリートを一種の動物として見ているからこそ、スポーツに対してもクレイジーだったのである。

【プロフィール】畑正憲(81)/動物研究者・1935年福岡県生まれ。満洲開拓団に家族で参加。6歳から小学校3年まで同地で生活。東京大学理学部卒業。学習研究社で記録映画製作に従事した後、作家として独立。1980年よりテレビ番組『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』がスタート。多忙を極めたが、趣味の麻雀のためなら徹夜も厭わなかったという。

聞き手■山川徹(ノンフィクションライター)

※SAPIO2016年10月号

最終更新:9月15日(木)7時0分

NEWS ポストセブン

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。