ここから本文です

元阪神・竹之内雅史 星野仙一を怒らせた「やる気なし打法」

NEWS ポストセブン 9/15(木) 16:00配信

 プロ野球界には、常識を覆すようなフォームで活躍する選手が定期的に現われる。それらは奇をてらったものではなく、プロの世界を生き抜くために試行錯誤し、辿り着いたものである。西鉄や阪神で活躍した竹之内雅史氏が、やる気がないように見える「竹之内打法」について語る。竹之内氏の通算成績は、打率.249、1085安打、216本塁打だ。

 * * *
 私のバッティングフォームの形? 改めて聞かれると答えに困るよ。毎日のようにフォームが変わっていたからね。

 最初は普通に構えていたんだよ。なのにど真ん中のボールを打っても内野フライになってしまう。上手くミートする方法がないかとバットを寝かせたら、ボールに一直線でバットが出るようになった。それが変形してバットを担ぐようになったけど、また打てなくなると、猫背でベースに被ってみたりもした。

 投げる側としては、過去の対戦データが関係ないから困っただろうね。私がバットを担いで構えると、星野仙一が「やる気ないのか!」とマウンドから怒鳴ってきたこともあった(笑)。

 コーチからも「フォームはそんなに変えるものじゃない」「自分のフォームを作れ」と言われたが、216本の本塁打を打った。プロは成績を残せば勝ちなんですよ。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

最終更新:9/15(木) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。