ここから本文です

利用率9割だけど…LINE利用しない人、その理由とは?

R25 9/15(木) 7:00配信

いまやコミュニケーションツールとして欠かせない存在となりつつある「LINE」。昨年末MMD研究所が発表した調査によると、10~50代1920人のうち、90.3%が「LINEを利用している」と回答したという。そんなLINEだが、 R25スマホ情報局が独自に20~40代のスマホ利用者男女にLINEの利用について尋ねたところ、86.4%の人が「利用している」と答えた一方で、13.5%の人は「利用していない」と回答した(R25スマホ情報局調べ/協力:ファストアスク)。

利用していない人がかなりの少数派になっている現在、むしろ今使っていない人の理由が気になるところ。そこで、「利用していない」と回答した58人に続けて聞いた。

■LINEを利用しない理由は?

?(全11項目から、自分の考えに最も近いものを単一回答)

1位 LINEでの個人情報管理、セキュリティに疑問を感じる 32.7%(19人)

2位 「既/未読」機能により、返信に即時性を求められるのが面倒 17.2%(10人)

3位 アプリをダウンロードするのが煩わしい 12.0%(7人)

3位 LINEの存在を知らなかった 12.0%(7人)

5位 いつでもコミュニケーションできるため、1人になる時間がない 6.8%(4人)

トップとなったのは、セキュリティに対する不安。「芸能人のLINEが週刊誌などで暴露されているため」(40歳・男性)、「流出事故のニュースで」(33歳・男性)など、過去のニュースをきっかけに、その安全性に疑問を持ったユーザーが多いようだ。また、2位の「既/未読」機能については、「イジメの原因やプラスにならないことばかり聞く為、はじめから倦厭してます」(40歳・女性)という声も寄せられた。

いずれも一理ある意見。しかし、「LINEを利用していない派」は、グループトークに参加できなかったり、連絡がすぐにつきにくかったりと、「LINEを利用している派」から見ると“迷惑”…なんて話をネットでは見かけることも。実際「利用している派」からはどう思われているのだろう。370人の「LINEを利用している派」に尋ねてみると、次のような結果になった。

■「LINEを利用していない派」、どう思う?

(全9項目から、自分の考えに最も近いものを単一回答)

1位 通信手段が無料になるのに、使わないのはもったいないと思う 31.3%(116人)

2位 グループトークの場合、別途での連絡が必要なため煩わしい 25.9%(96人)

3位 正直自分もLINEは使用したくないため、うらやましい 9.7%(36人)

3位 「利用しない」というこだわりがあってかっこいいと思う 9.7%(36人)

5位 LINEを使っていない人は、時代に乗り遅れていると感じる 4.5%(17人)

「もったいない」「グループトークの時に煩わしい」という意見に票数が集まった一方、LINEを使わない派に対して「うらやましい」「かっこいい」という羨望のまなざしを向ける人もいるようだ。

より詳しい理由も尋ねてみたところ、上位2項目に対しては「電話も無料だから使わなきゃ」(26歳・女性)、「グループトークの方が効率が良い」(40歳・男性)とごもっともなコメント。しかし、3位「正直自分もLINEは使用したくないため、うらやましい」→「LINEの雰囲気が正直肌に合わないが、必要なので仕方なく使っている」(30歳・男性)、同じく3位の「『利用しない』というこだわりがあってかっこいいと思う」→「便利だが便利が故の不必要な争いが起きないメールなどしか使ってない方は賢いと思う」(30歳・女性)なんて声が!

「利用する派」と「利用しない派」、一部確執はありそうだが、双方ともに気持ちの良い円滑なコミュニケーションを願っているのは同じはず。お互いの気持ちを推し量れば、LINEの有無で要らぬイライラを感じることもなくなるかも?

(藤あまね)


(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:9/15(木) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。