ここから本文です

ヤクザ調査 17%が経済活動順調と回答、「過去最高」の声も

NEWS ポストセブン 9/15(木) 16:00配信

 山口組分裂から早1年、ヤクザの世界はどうなっているのか。そこで今回、暴力団取材のエキスパートであるライター・鈴木智彦氏が、現役ヤクザ100人に対する大規模アンケートを実施した。アンケートは100人すべてに直接電話して回答をもらった。アンケート結果を紹介しよう。

Q:経済活動(シノギ)は順調ですか?
 はい…17人
 いいえ…65人
 どちらともいえない…12人
 ノーコメント…6人

 全員が「いいえ」でもおかしくないと思っていたのだが、「過去最高に景気がいい」(在京団体幹部)という若手組長をはじめ、17人ものヤクザが「はい」と答えたのは想定外だった。暴対法や暴力団排除条例の影響もあって、暴力団のシノギを解説する場合、絶不調、最悪と解説するのがセオリーだからである。

「いいえ」の回答を寄せたヤクザたちは、

「もうヤクザでは食えない。八方塞がり。人間関係を食いつぶしているが、いつまで持つかわからん」(広域組織組員)

「低空飛行でずっときたから、特別悪くなったという実感が持てないだけで、景気のいいヤクザなんていない。自分も仕事に行ってます。知り合いの建設会社の社長に頼んで地下足袋を履いてる」(九州独立組織の組長)

 などとひどく深刻な表現を使った。客観的に見れば、ヤクザの看板がカネを生んだ時代は終わっており、正しい見解なのだ。

 そのあたりを突っ込んで聞いてみたところ、「どの時代でも儲けてるヤツはいる。あちこちからたかられるので隠してるだけ」(神戸山口組系幹部)とのことで納得した。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

最終更新:9/15(木) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。