ここから本文です

写真集がヒット 河合奈保子の近況を夫が告白

週刊文春 9/15(木) 16:01配信

 30年ぶりの写真集『再会の夏』(マガジンハウス)がヒットしている河合奈保子(53)。夫でヘアメイク・アーティストの金原宜保氏が、週刊文春の取材に近況を明かした。

 河合は、1996年に金原氏と結婚。出産を機に芸能活動を休業し、オーストラリアで家族と共に暮らしている。長女のkaho(17)は、2013年に歌手デビューした。金原氏が語る。

「家内を誇りに思っているみたいです。当時の写真を見て『美しいし可愛い』と。娘は大学でデジタルメディアを学んでいます。PCで製作する音楽には家内にとってよく分からないジャンルもあって、母娘で音楽談義をしていて、とても楽しそうです。自宅には、ピアノ、ギター、マンドリンもありますから、今でも音楽に親しんでいます」

 9月17日には、ファンミーティングが開催されるなど、人気の衰えない河合。親子共演を見られる日が来るかもしれない。

 週刊文春9月15日発売号では、河合の教育方針、オーストラリア移住の理由などが明かされている。


<週刊文春2016年9月22日号『スクープ速報』より>

「週刊文春」編集部

最終更新:9/15(木) 16:06

週刊文春

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。