ここから本文です

ジャニー社長の伝説、YOUはどれだけ知っている? その素顔を徹底調査

週刊女性PRIME 9/15(木) 11:12配信

時代を彩るアイドルを発掘、育成してきた稀代のプロデューサー“ジャニーさん”は、ほとんどメディアの前に姿を現さず、常に裏方に徹してきたため、その素顔を知る者は少ない。今回、そんな彼の仕事場での顔やプライベート、そして、まことしやかに流れるあの“疑惑”についても徹底調査! 

喫茶店の永久予約席

 Jr.たちの公演によく足を運んでいるジャニーさん。

「帝国劇場ではジャニーズの公演がよく行われていますが、ジャニーさんは観劇の際は毎回、地下の飲食店街にある喫茶店『R』に行きます。

 お店ではジャニーさんがいつ来店してもいいように、入り口付近のテーブル席には常に“予約席”の札が置かれているんですよ。これは昼どきなどで混雑したときでもそのままです」(舞台関係者)

 ジャニーさんのお気に入りはシロップをたっぷり入れ、さらに砂糖も入れた甘々のアイスティーだという。

情熱的なアドバイス

 現在は舞台を中心に活動し、『滝沢歌舞伎』では、演出も手がけている滝沢秀明。

「演出を任せたといっても、ジャニーさんはよく口を出しています。口癖のように言うのは“もっと派手にしなきゃダメだよ!”だそう。また、こういった演出に関してのアドバイスは直前になって言うことも多く、現場は混乱しているとか」(前出・舞台関係者)

海外ファンへの優しさ

 日本だけでなく、中国や韓国などでも人気のジャニーズ。

「中国でKinKi Kidsのコンサートがあったとき、強い雨のなか長時間お客さんが開場を待っていました。そのとき温かいペットボトルのお茶を配ったのは、なんとジャニーさん本人だったんです。

 また、別のコンサートでは並んでいるファンを気遣って、“開けちゃいなよ”と、開場を早めたこともありました」(ワイドショースタッフ)

面接前の抜き打ち審査

 優しい一面もあるけれど、仕事に関しては厳しく“プロ”なジャニーさん。

「ジャニーズ事務所は赤坂にある事務所でオーディションをするときがあります。その当日、最寄り駅から事務所までの道に車が止まっているんです。

 後部座席に乗っているのは、なんとジャニーさん。歩いてくる候補者をひとりひとり、その時点でチェックしているんです。面接だけではわからない普段の立ち居振る舞いを見るのが狙いだとか」(制作会社社員)

 ちなみに、ジャニーズのオーディションには年齢制限がない(親権者の承諾が必要)。

1/3ページ

最終更新:9/15(木) 11:15

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。