ここから本文です

【自転車レース】宇都宮市市制120周年&25回記念! ジャパンカップ2016出場選手発表

CYCLE SPORTS.jp 9/15(木) 9:40配信

スバル・スタースクエアで記者発表会を開催

1990年に栃木県宇都宮市で開催されたロード世界選手権のメモリアルレースとして、1992年にスタートしたジャパンカップサイクルロードレースは、今年で25回の節目の年を迎える。

国内最大のワンデイレースとして不動の地位を四半世紀で築き、海外からも大勢のスター選手が来日するようになったジャパンカップ。今年は10月21日から23日の3日間で開催され、初日にはチームプレゼンテーション、2日目は宇都宮市街地でクリテリウムが行われ、3日目に本戦のロードレース(アジアツアー1.HC)が競われる。

その開催に先駆けて、大会のメインスポンサーである富士重工業の、東京都内にある本社ショールーム、スバル・スタースクエア(東京都渋谷区恵比寿)で記者発表会が行われ、すでに発表されている大会概要とともに、豪華な参加選手が発表された。

今年は更なるファン層の拡大を狙って、記者発表会の模様は全て無料で視聴できる24時間放送のインターネットTV局「FRESH! by AbemaTV」でライブ配信された。

ジャパンカップを主催する宇都宮市は、今年市制120周年、市町合併10周年の記念の年を迎えたため、25回記念大会はその記念大会も兼ねることになった。

自転車競技連合(UCI)から昨年の大会が“エクセレント(素晴らしい)”の評価を得たことを受けて、この記念大会は『エクセレント』をテーマとし、様々なプロジェクトを展開している。

その1つは、宇都宮市中心市街地で行われるジャパンカップクリテリウムのコース延長だ。1周1.55kmだったコースは西側に延長され、1周2.25kmになる。この変更により、より多くのレースファンが最前列でレースを堪能できるようになるわけだ。

総距離はほぼ変わらず、パレード走行を含めて38.25kmのため、周回数は20周から15周に減る。パレードの周回数も、昨年までの3周から2周に減っている。

記者発表会でトークショーを行ったツアー・オブ・ジャパンのイベントディレクターである栗村修氏は、クリテリウムのコース変更でレース展開が変わるかもしれないと予想している。

「周回数が減るということは、2カ所ある折り返しの回数が減り、ストップ・アンド・ゴーの回数も減る。それは逃げている選手にとっては有利になる。逃げ自体は毎年できているが、これまでに逃げ切りは1度もない。スプリンターもすごいが、ルーラー系、TTスペシャリスト系もいるので、逃げ切りが演出されるコース変更かもしれない」

栗村ディレクターが言うとおり、今年は逃げが決まるようなよりエキサイティングなレース展開になることを期待したい。

1/2ページ

最終更新:9/15(木) 9:40

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円