ここから本文です

ドルトムントがCL初戦でワルシャワに6-0と圧勝! 香川はベンチ入りも出番なし

Football ZONE web 9/15(木) 5:58配信

敵地で攻守に圧倒 前半3ゴールで勝負決める

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは14日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ初戦でポーランドのレギア・ワルシャワと敵地で対戦した。ドイツ代表MFゲッツェの先制ゴールなどでゴールを量産したドルトムントが6-0で快勝した。香川はベンチ入りしたが、出番はなかった。

2016-17ブンデスリーガMF部門「最新推定市場価格TOP 50」 日本代表10番・香川の名も…

 ドルトムントは4-1-4-1システムを採用。最終ラインは守護神GKビュルキ、4バックに右からDFピスチェク、DFソクラティス、DFバルトラ、そして主将DFシュメルツァーの4人。中盤底の舵取り役にMFバイグルが入り、インサイドハーフの右にMFゲッツェ、左にレフティーのMFゲレイロが並んだ。左MFデンベレ、右MFプリシッチという両サイドに、不動の1トップFWオーバメヤンという11人が先発でピッチに立った。

 試合は両者の実力者がくっきりと表れる結果となった。序盤から主導権を握るドルトムントは、前半7分にデンベレの左足のクロスをゴール前に走り込んだゲッツェがヘディングで合わせて先制に成功した。さらに同15分、FKのチャンスでゲレイロのアシストからフリーになったDFソクラティスが頭で決めて追加点。2分後の同17分には再びゲレイロのFKから、最後はバルトラが押し込んでリードを3点に広げた。

 ドルトムントはその後もリズミカルなパスワークでワルシャワを圧倒。後半6分には右サイドからオーバメヤンがドリブルで持ち込んで左のデンベレへ展開。ワンフェイク入れてからのシュートがDFに防がれたところを、前半から存在感を見せていたゲレイロが左足のシュートでネットを揺らしてダメ押しゴールを奪った。

ゲッツェらが結果を残し中盤の競争が激化

 同31分、直前のプレーでイエローカードを受けたゲッツェに代わってMFカストロ、デンベレに代わって18歳のエムレ・モルがピッチに登場。すると直後のプレーで左からの折り返しをカストロが詰めて5点目をゲット。ファーストタッチを得点に結びつけた。

 同34分にはバイグルに代えて、DFギンターを投入。交代枠3枚を使い切り、香川は出番なしに終わった。同ポジションのゲッツェ、ゲレイロ、カストロがいずれもゴールを挙げており、中盤センターのポジション争いはさらに過熱している。

 同42分にはオーバメヤンにもゴールが生まれて6得点を挙げたドルトムント。21シーズンぶりの本戦出場となったワルシャワを寄せつけずに、6-0で2季ぶりのCL初戦を飾った。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/15(木) 5:58

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。