ここから本文です

元Jリーガーが語る成功と失敗の分かれ目 幼少期から実践すべきこととは

THE ANSWER 9月15日(木)23時21分配信

将来を嘱望されながら伸び悩む選手も、「頭の中で分かっていても実践できなかった」

 アスリートが成功を手にするか、伸び悩んでやめていくか――。日々の生活をどう過ごすかもその分かれ目となる。特に激しいトレーニングを積む中での食事は大切なポイントとなる。

リオ五輪で活躍のイケメンアスリート写真集

 その重要性を痛感した人物がいる。元Jリーガーで現在は都内で「いいだ鍼灸整骨院」の院長を務める飯田紘孝さんだ。

 小学生の頃から横浜FM(日産)の下部組織に所属し、ユース時代にはU-16日本代表に選ばれた実績もある。167センチと小柄ながら天性のドリブルとサッカーセンスで中盤のアタッカーとして期待され、2000年にトップチームに昇格。当時、チームを率いた岡田武史監督からもその才能を高く評価されていた。しかし、思うように結果を残せずに03年に引退に追い込まれた。

 そんな飯田さんは現役引退後に柔道整復師などの資格を取得。現在は身体のプロフェッショナルとなり、多くの人々の身体のケアやサポートを手がけているが、プロ選手としてプレーしていた当時の食事は“プロレベル”に達していなかったという。

 現役時は横浜FMの栄養アドバイザーを務める橋本玲子さんらの助言も再三受けたが、「頭の中で分かっていても、自分の中で実践しなければいけないという気持ちが薄かった」。そのため、プロを生き抜くだけの身体を作ることができなかったと振り返る。

重要な食事のバランス、体を強くするために必要なことは…

「サッカーは運動量が多く、色々な動きの要素が必要なスポーツです。フィジカルを強くすることは重要ですが、体を大きくし過ぎることにはリスクもあります。そこを食事で管理していくことになります。

 例えば(リオネル・)メッシ選手や長友(佑都)選手は、身体自体が大きくなくても当たり負けしない。それは単にフィジカルトレーニングだけでなく、食事の管理がしっかりとできているからこそなんですよね」

 アスリートとしての肉体を作るためには、炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素をはじめ、バランスのいい食事をタイミングよくとらなければならない。また、食事以外の生活スタイルや心構えを問われるのもプロの世界。飯田さんは幼少期から家族がサポートし、意識づけすることも大切と語る。

「食事面は、子供の頃からの積み重ねが大事になります。大きくなってからすぐに変えるのはなかなか難しい。自分もそう簡単にはできなかったですし、他にも苦労していた選手が多くいました。やはり子供の頃から食卓にバランスのとれたメニューを並べてあげることが本当に必要だと感じます」

 自分のような失敗に苦しむフットボーラーが減ってほしい――。そう願う飯田さんの経験談はサッカーに取り組む子供だけでなく、見守る家族にとっても貴重な教訓となるに違いない。

◇飯田紘孝(いいだ・ひろたか)
いいだ鍼灸整骨院 院長。柔道整復師・鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師。
小学2年から横浜F・マリノス(当時の日産)の下部組織、日産プライマリーでプレー。横浜F・マリノスジュニアユース、ユースを経て、2001シーズンにトップチームへ昇格。ユース時代には、U-16日本代表、全日本クラブユース選手権で全国制覇。惜しまれながらも2003シーズンをもって現役引退。2004年より専門学校を経て、桜新町はりきゅう接骨院、大田区某整形外科リハビリテーション科の主任を務め、2014年6月に開業。現在は、プロ選手時代の経験を生かし、整骨院に訪れる一人ひとりの身体と向き合い、若年層アスリートの成長を促している。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:9月15日(木)23時41分

THE ANSWER