ここから本文です

一人暮らし世帯の約5割が貯蓄ゼロ…年収5百万クラスの平均貯蓄額は1千万超?

Business Journal 9月15日(木)6時1分配信

 本連載前回記事では、「貯蓄がいくらあればいいか」という質問は万人に共通する回答はなく、現在の条件や将来の方向性によって大きく異なる、ということについてお伝えしました。

 そうはいっても、「同世代の人はどのくらい貯めているのか」というのは気になるもの。そこで、今回は、金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(2015年)」から、30~40代の金融資産保有額(ここでは「貯蓄」と呼びます)の平均値と中央値を年収別に見ていきましょう。まずは「一人暮らし」の数値です。

●30代(左から年収、平均値、中央値/以下同)
・300万円未満……171万円、0万円
・300~500万円未満……406万円、150万円
・500~750万円未満……1013万円、700万円
・750~1000万円未満……3112万円、1945万円
・1000~1200万円未満……1962万円、2155万円
・1200万円以上……620万円、620万円

●40代
・300万円未満……257万円、0万円
・300~500万円未満……702万円、222万円
・500~750万円未満……1221万円、693万円
・750~1000万円未満……3049万円、1380万円
・1000~1200万円未満……7917万円、5250万円
・1200万円以上……8013万円、4125万円

 いかがでしょうか。ここで、「平均値と中央値って何?」と思われた方もいるかもしれません。例えば、30代で年収300~500万円未満を見ると、平均値は406万円で中央値は150万円。「いったい、どっちが“普通”なの?」と感じてしまいますよね。正解は「中央値」で、これは“ど真ん中”のことを指しています。

 例えば、貯蓄0円の人が9人いて「お金なんてないよね~」と盛り上がっていたとしましょう。そこに、貯蓄1億円の人が1人、輪に入ってきました。この10人の貯蓄平均値は、1億円÷10人=1000万円となります。10人中9人が0円でも、たった1人の1億円に引っ張られて、平均値は1000万円になってしまうのです。

 一方、中央値は、数字を小さい順にずらっと並べた時、ちょうど真ん中の値のことです。この10人のケースだと、中央値は0円になります。この中央値のほうが“普通”という実感に近いのではないでしょうか。

 このように、平均値は極端に多いか少ない(またはゼロ)の人がいると、それに引っ張られて実感と離れたものになることがあります。そのため、中央値を見ると、「自分の貯蓄は多いのか、少ないのか」というのが、なんとなくイメージできると思います。

 ちなみに、年収500~700万円未満の貯蓄を見ると、30代の平均値は1013万円、40代の平均値は1221万円とあって、「1000万円超!」と驚いてしまいそうですが、中央値を見ると30代は700万円、40代は693万円。少しホッとするかもしれません。

1/2ページ

最終更新:9月15日(木)6時1分

Business Journal

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]