ここから本文です

【マーケット展望】今夜発表の米経済指標が株価に影響も

オトナンサー 9/15(木) 16:00配信

 9月15日の東京株式市場で日経平均株価は続落、前日比209円23銭安の1万6405円01銭で取引を終えました。

 今後の展開はどうでしょうか。

 マネースクウェア・ジャパンの八代和也アナリストによると、市場の関心は来週開かれる日米の金融政策会合に向きつつあるといいます。

 20~21日の日銀金融政策決定会合では「マイナス金利の深掘りが検討される」との報道も。また同日開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)については、「市場では現状維持の見方が有力だが、追加利上げ観測も根強くある」(八代さん)そうです。

 八代さんは「日米の金融政策への警戒感が日経平均の上値を抑えそうです」と話します。

 今夜は8月小売売上高や鉱工業生産など米経済指標が数多く発表される予定。原油先物と経済指標の結果が米国株や日経平均に影響を与える可能性もあるそうです。

オトナンサー編集部

最終更新:9/15(木) 17:07

オトナンサー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。