ここから本文です

“自然派ママ”に非難殺到も「釣りアカ」の指摘も

Wedge 9月15日(木)12時20分配信

 ネット上で不注意から炎上してしまう人がいる一方で、わざと炎上を招くような発言をして人を集める「釣りアカ」をつくる人もいる。9月に入ってから、「自然派ママ」を名乗るあるアカウントが炎上。しかし、つぶやきを始めて数日で炎上していることなどから「釣りアカ」である可能性も指摘されている。

虐待を匂わせるツイートは本物?

 「やさしい育児」「傷つけない子育て」実践その一。検索履歴に「子供 捨てる方法」「子供 殺したい」「子供産んで後悔」といったワードを残して、それを子供に発見させます。地味だけど結構効きます。しばらくの間、口答えしなくなったり、積極的に家事を手伝うようになりますよ。とってもオススメ!」

 このツイートは「自然派ママ☆ココ」を名乗るアカウントがつぶやいたもの。つぶやかれた9月9日から、13日までの間に5000回以上RTされている。RTしている人の多くは批判的で、リプライ欄には「完全に虐待」「子どもに呪いをかけている」「本物のサイコパス」といったコメントが並ぶ。

 このアカウントのプロフィール欄には「やさしい子育て」などを実践中であること、「小5の娘」がいるなどの紹介がある。顰蹙を買っているのは上記のつぶやきだけではなく、娘が餌やりを忘れたという理由で飼っていた犬を捨てさせたこと、200時間やりこんでいたゲームをテストの成績が悪かったという理由で消させたことなど。ツイートのほぼすべてが「過干渉」や「虐待」を感じさせる内容だ。「1日16時間も学校にいるのは異常」という内容で4万回以上RTされている公務員のつぶやきに対しては「私たち親は、子供が産まれた瞬間から365日24時間、親という仕事をやっているのに。16時間学校にいるなら、残り8時間も休んでるという訳ですよね?」とトンデモ理論を繰り出している。

 こういったツイートに憤る人がいる一方で、あからさまなつぶやきが多すぎることから「釣りアカウント」であると指摘する人も多い。「釣りアカウント」とは、非難を集めるような内容をわざとつぶやき、憤る人たちの反応を楽しむためのアカウント。注目を集めてフォロワー数を増やすことが目的の場合もある。

1/2ページ

最終更新:9月15日(木)12時20分

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年10月号
9月20日発売

定価500円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]