ここから本文です

iPhoneにワクワクが戻ってきた:『WIRED』US版「iPhone7」レヴュー

WIRED.jp 9/15(木) 11:10配信

iPhoneにわくわくしていたときのことを覚えているだろうか?新しいデザインやアプリが出ただけで大騒ぎだったころのことを。コピー&ペースト機能のために行列をつくっていたときのことを。そんな時代はもう終わってしまった。驚異的なテクノロジーの前代未聞のコンビネーションも、いまでは普通のものに感じられ、もはや“予想通り”なものになってしまっている。
しかし、魔法がとけてしまったわけではない。周りが魔法に溢れすぎていて、それと気づくのが難しくなっているだけだ。

【水道でiPhone7をバシャバシャ洗ってしまう動画レビュー&フォトギャラリーはこちら】

今月16日に販売が開始される「iPhone7」(72800円・税別)と「iPhone7 Plus」(85800円・税別)は、どちらもこれまでのiPhoneのなかで最高・最強・最速の機種だ。また両機種は、iPhoneという名の実験の開始以来9年の年月を経て、スマートフォンの理想像に、そしてミニマリズムの最終形態がわたしたちに近づいてきていることを示している。

iPhone7は、一見いままでのiPhoneとさほど変わり映えしないように見えるかもしれない。しかしその機能は改善されていて、そのうえ変化もしている。

iPhone7はよりシームレスになり、よりサードパーティに開かれ、ほかのアップル製品ともっとよく連動するようになった。そして何よりこのスマホは、iPhoneの外見の重要性がどんどん低くなっているということに対するアップルの肯定の証でもあった。大事なのは外見ではなく、何ができるかなのだ。

追加されたもの、無くなったもの

いつも通り、新作のiPhoneは前作よりも改良されている。新しい「A10 Fusion」プロセッサーは恐ろしく速く、昨年の(すでにかなり速かった)「A9」プロセッサーよりもさらに速度を上げた。

「A10 Fusion」チップはクアッドコアのプロセッサーで、2つのコアがシンプルなタスクを、ほかの2つが負担の大きなタスクを実行する。つまり、ゲームアプリにはまったり、高画質の動画を鑑賞したりしないかぎり、バッテリーの持続時間はとんでもなく長いということだ。

簡単な作業だけに使用した場合、iPhone7では24時間以上、iPhone7 Plusでは48時間近く、充電なしで使用することができた。レーシングゲーム「Riptide GP: Renegade」で盛り上がり、ドラマ「Halt and Catch Fire」をストリーミングしはじめた途端、昼間には充電が必要になった。

iPhone7はiPhone6sよりも明るいが、最大限の明るさでスマホを使う場面なんて、わたしには想像することができない。受話器部分はステレオスピーカーになり、デヴァイスからでもしっかりステレオサウンドを聴くことができる。スピーカーは素晴らしいわけでも、上等と言えるものでもないが、6sよりもはるかに改善されている。

いちばんうれしかったニュースは、iPhone7のストレージ容量が32~256GBまでになったことだ。犬の写真を撮影しようとして「空き容量が不足しています」と言われることがなくなるなんて! あるいは少なくとも、そうなるまでの時間はずっと長くなるだろう。

iPhone7のフレームは、ご存じのスリムでメタリックな長方形からほとんど変わっていない。iPhone7 Plusの画面は5.5インチ、iPhone7で4.7インチだ。アンテナのラインは目立たなくなり、カメラをぐるりと囲むフレームは、パンチで穴を開けたようなスタイルではなく、火山のように隆起している。ブラックとジェットブラックの新色も、新モデルならではだ。

▼消えたイヤホンジャックとホームボタン

iPhone7と旧機種を見分けるいちばん簡単な方法は、もちろんヘッドホンを差し込むことである。差し込めない場合は、おめでとう! 新モデルだ。もうなくなってしまったイヤホンジャックについてわたしが言えることは何もないが、しいて言えば時々イラっとする。例えば、電車の中で充電しながら音楽を聴けないときなど。

アップルからの提案は「AirPods」を購入することだが、おそらくあなたはワイヤーヘッドホンを使えるよう、へんてこな専用アダプターを購入することだろう。

その選択は、もうひとつの不満を生む。もしオフィスに小さなアダプターを忘れてしまったら、わたしはお気に入りのヘッドホンが使えないのだ。未来はワイヤレスであるというアイデアにはわたしも賛成だが、そこまでは苦痛とアダプターだらけの道のりになることだろう。

存在しないイヤホンジャックに何かを差し込もうとする癖は、1週間後には治った。しかし、何があってもiPhone7のホームボタンに慣れることはないだろう。もはやそれはボタンではなく、触れると振動するただの平面だ。

ホームボタンはほかのパーツよりも壊れやすいので、これはiPhoneの寿命を延ばすという意味では素晴らしいことだ。リストの最後まで来たときや、ゲームで敵に向かってマシンガンを連射するときなど、スクリーン上で起こっていることに対応してiPhoneが振動で物理的な反応を返してくれるのは、クールなこともある。

しかし、iPhoneをロック解除しようとボタンを押すと、まるでガラスに指がのめり込むのではないかというほど親指が振動するのだ。これでは、普通のボタンが恋しくなる。

とはいえ、イヤホンジャックやホームボタンを引き換えにしても、携帯が防水になるのはうれしい(サムスンや他社が証明したように、必ずしもそうする必要もないのだが)。シャワー中、あるいは少なくとも歯磨き中に携帯を使えるのは素晴らしい。それ以上に、自分のiPhone7はIP67の防水対応であり、ちょっとした雨やテキーラが少しかかった程度なら問題ないと思うだけで、とても安心できる。iPhone6sの時点で、すでにほぼ完全防水であったが、iPhone7の防水は本物だ。

携帯・トイレ・乱暴者の組み合わせで手痛い経験がある人を除いては、ここまででiPhoneをアップブレードしたいと飛びつかせるほどの特徴はなかったかもしれない。アップルが購入のきっかけに、とやりすぎなほど推しているのは、映画『ウォーリー』の主人公のようにiPhone7の背面から覗き込んでいる新しい改良カメラだ。

1/2ページ

最終更新:9/15(木) 11:10

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

なぜ今? 首相主導の働き方改革