ここから本文です

マジメに検証! 猫は本当に“お魚くわえて逃げる”のか?

女性自身 9/15(木) 6:00配信

 9月、それはさんまの脂がのりきる季節。この時期のさんまの“体にいいこと具合”ときたら、みんなが知ってる100倍くらいある。頭にいいのはもちろん、ダイエット&美肌にも効く、才色兼備な魚なのだ。

 そんな、今が旬のさんまを使い、「お魚くわえた~」で始まる国民的アニメソングのように、“実際に猫は魚をくわえるのか?”を検証してみた!

 協力してくれたのは、猫を8匹飼育するカメラマンの山本さん。人間の食べ物をまったく与えず、キャットフードのみで飼育している。まずは生のさんまを置いて30分、次に焼きさんまを置いて30分、それぞれ様子を見守った。

 結果、8匹中5匹はまったく興味を示さないどころか、即刻逃げた。生後9カ月のミックス猫・若丸(オス)のみが興味を示し、じっと見つめ、猫パンチ。しっぽをガブリとしてみたものの“くわえて去る”ことはなかった。優雅な8歳のラグドール・本丸(オス)は、迷惑げに見つめたのちに興味を失い、毛づくろいに移行。香り高い焼きさんまでも同様だった。

 猫の専門動物病院「Tokyo Cat Specialists」の山本宗伸先生にこの検証結果を報告すると。

「個体差ですね。猫は食べ物の好き嫌いがはっきりしています。生後6カ月ほどで味覚が決まるので、キャットフードしか食べていない猫ならナマモノ、まして魚には興味を持たないでしょう。猫はエサを自分の巣に持って帰って食べる習性があるので、港町の野良猫ならくわえていくと思います。もし飼い猫にさんまを与えるなら、1~2切れにとどめて。不飽和脂肪酸が多いので、長期的に摂取すると黄色脂肪症の心配があります」

【結果】昔から魚を食べているドラ猫ならくわえる(はず)。

最終更新:9/15(木) 6:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。