ここから本文です

衣替え時の洗濯 襟首と脇、しみ抜き入念に 達人・横倉靖幸さんのワザ

NIKKEI STYLE 9月15日(木)13時40分配信

 夏物衣料をしまう時期になった。しっかり洗ったつもりでも、翌夏には襟首や脇が黄ばんでしまった経験のある人は多いだろう。しみ抜きで実績のあるクリーニング店、クリーンショップヨコクラ(茨城県城里町)の店主、横倉靖幸さんに衣替え時の洗濯の極意を聞いた。

――夏服をしまう前の洗濯で気をつける点は何ですか。

 「頻繁に着ていた夏服をしまって来年またきれいに着るためには、入念にしみ抜きをすることです。特に汗をかきやすい襟首と脇に注意しましょう。汗は透明なので乾くと見えなくなりますが、しっかり洗いきれないまま時間がたつと酸化して黄色くなります」

 「しまう前のしみ抜きは、タグに『洗濯機で洗える』、または『手洗いできる』マークの付いた衣類に限って使える方法です。毛皮など動物製品や高額なおしゃれ着など、水洗いができない、ドライでしか洗えないものはクリーニングの専門店にお願いしましょう。手洗いできるマークが付いていても、色落ちしやすいデニムなど判断が付かないものも同様です」

――しみ抜きは、どうすればいいのでしょうか。

 「汗ばみやすいTシャツなどの襟首と脇の部分や、しつこい食べ物のしみのあるところに、家庭の材料で作れる『魔法水』を使います。重曹を大さじ1杯、酸素系の衣料用漂白剤(液体)を大さじ3杯に、食器用中性洗剤3滴を加え、軽く混ぜます。塩素系の漂白剤は酸性の洗剤などと混ざると有毒ガスが出る可能性があります。魔法水に使うのは酸素系漂白剤です」

 「きれいなタオルを下に敷いて、歯ブラシに魔法水を付け衣類の汚れた部分やシミに塗り広げます。色つきの衣類なら少し試して、下のタオルに色移りするならやめましょう。衣類の材質によっては傷む可能性もあるので、こすらずにたたくように塗りましょう」

 「通常のしみ抜きだけなら、生地に薬品が残らないように最後に水ですすいでから洗濯します。しまい洗いのときは、魔法水を付けたまま洗濯機に入れてください。時間がたっても黄ばみにくくなります」

――ワイシャツやブラウスの襟首の汚れは、クリーニング店に出しても落ちきらないこともあります。

 「綿やポリエステル製のワイシャツの襟首の汚れは男性用のスクラブ洗顔料を使うと効果的です。女性用より粒が大きい点がポイントで、女性の衣類を洗うときでも男性用を使います。適量を手にとり汚れが気になる部分に軽くなでるように塗り広げます。塗ったまま洗濯機に入れてください」

 「繊維に入り込んだ洗顔料の粒が繊維から流れ出される時に、襟首に付いた汚れなどをかき出します。スクラブ洗顔料は、顔に使えるほど繊細に作られているので生地を傷める心配もありません」

1/2ページ

最終更新:9月15日(木)13時40分

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]