ここから本文です

愛犬とおもちゃで遊ぶ時に飼い主が気をつけたいこと

@DIME 9月15日(木)12時10分配信

おもちゃ遊びは、飼い主側が上手にコントロールすれば、愛犬とのコミュニケーションツールになりますし、ストレスの発散にもつなげることができます。一方で愛犬からおもちゃを取り上げようとすると嫌がったり、吠えたり、噛みついたりする場合は、コントロールできていない可能性があるので注意しましょう。

おもちゃには大きく分けて、飼い主と一緒に遊ぶおもちゃ(ロープタイプなど)、一人で遊べるおもちゃ(知育タイプなど)に分けられます。

特に飼い主と一緒に遊ぶおもちゃは、飼い主のタイミングで「ちょーだい」をして、遊びを終了させるようにすると良いでしょう。犬が飽きたから終わるのではなく、飼い主がコントロールするように心がけましょう。

一人で遊べるおもちゃでは、おやつなどを詰めることができるタイプのものを与えてあげると、お留守番の時でも長く楽しむことができるのでおすすめです。

ちなみに、犬にもよりますが、その時々で好きなおもちゃが流行のように変わることがあります。ずっと大好きだったおもちゃに突然興味を示さなくなっても、しまっておいて久しぶりに出すことで、また喜んで遊んでくれる場合も。新しいおもちゃを買う前に、まずは一度しまってみるのもいいかもしれませんね。

文/大原絵理香

@DIME編集部

最終更新:9月15日(木)12時10分

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2016年11月号
9月16日発売

定価750円

スマホ小物&モバイル雑貨200
LINEモバイルに乗り換える人とは?
秋飲みクラフトビールの醍醐味
特別付録 たためるスマホスピーカー