ここから本文です

サンシャイン水族館がお化け屋敷に 「呪いの水櫛」夜間に限定オープン

KAI-YOU.net 9/15(木) 18:08配信

東京・池袋のサンシャイン水族館で、お化け屋敷プロデューサー・五味弘文さんとコラボレーションしたホラー水族館「呪いの水櫛」が、10月1日(土)から31日(月)まで夜間特別営業(18時半から21時まで)で開催される。

【写真をすべて見る】癒しの空間が日が落ちるとともに一転、「呪いの水」が取り巻く空間へ……

「呪いの水櫛」では、水族館という特殊な空間を最大限に活用した演出と、五味弘文さんによる書き下ろし脚本で、誰もが体験したことのない新感覚のホラーを創出する。

音声ガイド機器を使用し、視覚だけでなく聴覚からも入り込む恐怖感を演出。普段の癒しの空間が日が落ちるとともに一転、「呪いの水」が取り巻く空間へと変貌していく。

入場料金は大人2,000円、学生(高校・専門・大学生)1,400円、こども(小・中学生)1,000円、幼児(4才以上)700円、シニア(65才以上)1,700円、大人特別ペア券は3,200円となっている。

最終更新:9/15(木) 18:08

KAI-YOU.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。