ここから本文です

ドルト香川、レスター岡崎、セビージャ清武がCL初戦で屈辱の出番なし よもやの日本人総崩れ…

Football ZONE web 9/15(木) 8:25配信

香川、清武はベンチで90分間を過ごす 岡崎はまさかのメンバー外に

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)は14日、前日に豪雨の影響で延期となっていたマンチェスター・シティ対ボルシアMGを含む、9試合が行われた。日本代表選手が所属する3チームが今季のCL初戦を迎えたが、ドルトムントMF香川真司、レスター・シティFW岡崎慎司、セビージャMF清武弘嗣はいずれも出番なしに終わるという、よもやの総崩れに。日本サッカー界にとっては実に寂しい1日となった。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 日本人所属3クラブは、いずれもアウェーでのCL開幕戦となった。日本代表の背番号「10」を背負うMF香川真司が所属するドルトムントは、ポーランドのレギア・ワルシャワと対戦。足首捻挫から回復した香川がベンチから戦況を見つめるなか、ポジションを争うライバルが躍動した。

 今夏バイエルン・ミュンヘンから3季ぶりに復帰したドイツ代表MFマリオ・ゲッツェがヘディングで先制ゴールを決め、左インサイドハーフで先発した新加入のポルトガル代表MFラファエル・ゲレイロも軽快な動きを披露し、得意の左足から放たれる正確なキックを武器に、1得点1アシストと絶大な存在感を放った。後半30分にゲッツェと交代でピッチに立った元ドイツ代表MFゴンサロ・カストロも、ファーストタッチをゴールに結びつける決定力の高さでアピール。チームも6-0と相手を圧倒したが、最後まで故障明けの香川に声がかかることはなかった。

ライバルが躍動 チームで窮地に陥るか

 プレミア王者としてCL初参戦となったレスターの岡崎は、スタメンはおろかベンチメンバーからも外れ、自身のCLデビューは次節以降にお預けとなった。レスターはMFマーク・オルブライトンがチームの歴史に残るCL初ゴールを決めると、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズが2点を加えて3-0でベルギーのクラブ・ブルージュに快勝。歴史的な白星を手にした。

 プレミアリーグでは3試合連続先発中の岡崎にとっては、まさかのメンバー外となった。クラブ史上最高額の移籍金3000万ユーロ(約34億5000万円)で獲得したアルジェリア代表FWイスラム・スリマニが先発でレスターデビューを果たし、イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディとコンビを組んだ。FWレオナルド・ウジョア、FWアーメド・ムサも途中出場し、岡崎以外のストライカーは全てピッチに立った。

 清武が所属するセビージャは、セリエA5連覇中のユベントスと対戦。リーガ開幕戦で1ゴール1アシストと上々のスペインデビューを果たした清武だが、強豪相手の一戦は90分間ベンチに座り続ける結果になった。代表帰りでメンバー外となったリーグ第3節のラス・パルマス戦に続いて出番なしの状況が続いている。清武にチャンスは巡って来なかったものの、UEFAヨーロッパリーグ3連覇中のセビージャはイタリア王者を相手に健闘。攻撃陣はシュート2本と沈黙した一方で、粘り強い守りで0-0のドローに持ち込み、敵地で貴重な勝点1を手にした。

 いずれもチームがポジティブな結果を手にしたのとは裏腹に、日本代表で主力を張る3人は欧州最高峰の舞台に姿を見せることができず。ワールドカップ・アジア最終予選の初戦UAE戦で、黒星発進を強いられた日本代表の状況と重なるような苦境を迎えている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/15(木) 8:25

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。