ここから本文です

ぼくらの知らない「極彩色の暗黒大陸」、アフリカ

WIRED.jp 9月15日(木)20時10分配信

あなたは、「アフリカ」と聞いて何を思い浮かべるだろうか。サバンナ? 砂漠? 野生動物? あるいは、紛争や貧困? あなたが思い浮かべるそれは、間違いではないかもしれない。しかし、それと同時に、正解でもない。

【写真家フルリナ・ローテンベルガーが10年をかけて捉えたアフリカフォトギャラリーはこちら】

『WIRED』VOL.24ではコンピューテーショナル建築の研究施設を撮影してくれたスイス人フォトグラファー、フルリナ・ローテンベルガーは10年間に渡ってアフリカで撮影を続けてきた。その写真をまとめあげた『I love to dress like I am coming from somewhere and I have a place to go』にはアフリカの国々の平凡な日常が詰め込まれている。序文に「アフリカで育てられたことは幸福だった」と書かれているとおり、彼女はコートジボワールで育ち、アフリカの多様性に感銘を受けたのであった。

事実、この写真集には本当にたくさんの人々が現れる。民族衣装に身を包んだ男女、きちっとスーツを着た男性、ポケモンのTシャツを着た子供。写し取られたシーンも様々だ。ラクダの世話をする老婆、iPhoneを片手に持ちながら歩く女性、ベッドに寝転んでMacBookをいじる青年。高層ビル建ち並ぶ都市、レンガ造りの街並み、サバンナ、森、あらゆる場所で撮られた写真の数々は、まさしくアフリカの多様性そのものだ。

フルリナはアフリカの寛容さを賞賛する。アフリカでは、そこを訪れた者が誰で、どんな服を着ていて、どこから来てどこへ向かうかに関係なく、受け入れてもらえるのだという。「正反対の物事すら調和させてしまう奇妙な能力」。アフリカ社会が共有しているようにみえる力を彼女はそう呼ぶ。

重要なのは、これらの写真もまた、ひとつの視点から編まれたものにすぎないということだ。現実のアフリカはもっともっと広大で、矛盾する物事や人々も全て飲み込んでしまう。序文の冒頭ではナイジェリア出身の作家、チママンダ・アディーチェの言葉が引用されている。「ひとつの物語から偏見が生まれる。問題は、それが間違っているということではなく、不完全だということだ」。そう、わたしたちが見ているのは広大なアフリカの、ほんの一部に過ぎないのかもしれない。

かつて「暗黒大陸」と呼ばれたこの大陸は、色とりどりの、多様性に満ちた世界のパッチワークでつくられていた。わたしたちも、同じように多様性を受け入れて生きていくことはできるのだろうか。

一方で、フルリナが『WIRED』VOL.24のために撮影してくれたのは、スイスで「コンピューテーショナル」な建築の研究を進める施設の数々。そこで取り上げられた巨大なロボットアームや生物の構造を模した建物は、わたしたちにとって未来的でありながら、どこか異様に思えるものでもあった。しかし、フルリナはそんな「異物」もすんなりと受け入れていたのかもしれない。寛容さとは、多様な未来をも受け入れられるものだからだ。

WIRED.jp_IS

最終更新:9月15日(木)20時10分

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED VOL. 24』

コンデナスト・ジャパン

2016年8月9日発売

630円(税込み)