ここから本文です

甘党の男性は要チェック!大人の男性向けスイーツ『GENDY』のキャラメルバー

@DIME 9/15(木) 17:30配信

大人の男性向けというシブいスイーツが登場。ひとつずつハンドメイドされ、シガーのように木箱へ収められたGENDYの『The Premium Bitter Caramel Bar』がそれだ。ほどよい苦みと品のある香りは、エスプレッソのお伴としても、シングルモルトウィスキーのマリアージュとしても最適。贅沢な時間を約束してくれるのはもちろん、贈答品としても技ありの一品である。

■青山・骨董通りにノスタルジックな店舗がたたずむ

 世界の名だたるブランドの直営店などが軒を並べる骨董通りは、東京・青山を代表するおしゃれなエリア。そこに、この春、GENDYなるショップがオープンした。一見、古き良きアメリカのヴィンテージスタイルをモチーフにしたブティックか、はたまた静かな時間を過ごすためのシガーバーのようでもあるが、実は、大人の男性向けキャラメルバーの専門店である。こちらで販売されているのは、クッキーでビターキャラメルをサンドした『The Premium Bitter Caramel Bar』のみ。シガーよろしく木箱に梱包され、1ダース6000円と価格もなかなかのものである。すでに、異色のスイーツショップとして、一部の感度の高いリピーターの間で話題になっている。

■1日30箱のみ限定販売の理由とは?

 このキャラメルバーはバラ売りされることなく、店頭でのオーダーに応じ、1ダース用と2ダース用の木箱に収められて販売される。それも1日限定で360本。すべてハンドメイドで生産量に限界があるからだ。北海道の工房で、パティシエにより、包装に至るまで1本ずつ手作りされ、木箱には販売された日付とシリアルナンバーが刻印されている。そのため、特別な記念日のプレゼントとしてのニーズも少なくない。

■エスプレッソにもシングルモルトにも合うバーを試す

 異色のスイーツショップだけにインフォメーションガイドもしっかりしている。こちらもシガーバーのバーテンをイメージし、商品であるハンドメイドのキャラメルバーについてやGENDYの世界観などを語ってくれる。他にはない商品のため試食も可能。これまたシガーの吸い口を切ってくれるバーテンダーのように、厳かにキャラメルバーを一口サイズに切って提供してくれる。

 キャラメルの甘味を追いかけるように、苦みと香りが口腔内に広がる。希望に合わせて提供されるエスプレッソやシングルモルトとも相性はぴったりだ。つい長居をしたくなってしまうが、続きは自宅で楽しみたい。

■ゆるりとした時間を過ごす贅沢を味わう

 大人の男性にとって、ひとりで過ごす時間というのは貴重なもの。趣味に没頭したり、思索を巡らせたりと……。そんなときのためのちょっとした贅沢に、とっておきのワイン、ウィスキー、コーヒーなどを愉しむことも少なくないはず。この高級キャラメルバーは、そういった嗜好品のひとつになりうる。贈答品としてだけでなく、何か特別なことがあった日に自分へのご褒美にしてもいいだろう。

GENDY <FLAGSHIP STORE>
ジェンディ <フラグシップ・ストア>
住所:東京都港区南青山5-4-40 南青山橋本ビル1F
電話:03-6712-6890
営業時間:15:00~19:00(8月は11:00より営業)
定休日:なし

文/加藤亮介(かとう・りょうすけ)

最終更新:9/15(木) 17:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き