ここから本文です

『手塚治虫ぴあ』浦沢直樹や島本和彦らが語る「漫画の神様」の魅力とは

KAI-YOU.net 9/15(木) 21:03配信

「漫画の神様」と言われる漫画家・手塚治虫さんのデビュー70周年を記念したムック本『手塚治虫ぴあ』が、9月21日(水)に刊行される。価格は1,389円(税抜)。

【写真をすべて見る】手塚治虫さんのデビュー70周年を記念したムック本『手塚治虫ぴあ』

本書では、手塚治虫さんの作品に登場する膨大な数のキャラクターの中から1位を決める「手塚キャラクター人気ランキング」や、「最高月間原稿枚数」「生涯作品数」「同時連載数」など、手塚治虫さんが成し遂げてきた偉業の数々を紹介。

手塚治虫さんの息子・眞さんと娘・るみ子さんによる対談や、藤子不二雄Aさん、松本零士さん、浦沢直樹さん、佐藤秀峰さん、島本和彦さんといった著名漫画家、手塚治虫さんのパロディ漫画家として知られる田中圭一さんによるコーナーも収録される。

また、1979年に放送されたTVアニメ『海底超特急マリン・エクスプレス』の漫画版第1話が丸ごと初掲載。

BOOKぴあで購入すると、オリジナルクリアファイルと『ブラック・ジャック』『鉄腕アトム』ほか50本の「モーションマンガ」の無料体験キャンペーンコードがプレゼントされる。

最終更新:9/15(木) 21:03

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。