ここから本文です

全身シェイプ&体幹強化!「脂肪燃焼クロール」プラン [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 9月15日(木)20時0分配信

水泳は、陸上では難しいパーツ全部を一度に動かすことが楽にできたり、常に水の抵抗=負荷を感じるため効率よく鍛えることができたり、息を吸う・吐く・止めるを行うことで心肺機能が高まったり、均一に力がかかるため歪みが整ったり……と、体のメンテナンスにぴったりのスポーツ!
スイムで自分の進化を楽しみたい!

 
<各25m×4回>
泳げる人はクロールに挑戦。まず腕回しウォーキングでウォーミングアップしてから、脚だけ・腕だけで泳いで体の動かし方や水のとらえ方を意識し、最後に全身で3かきに1回息継ぎしながらクロールを。全身バランスよく動かせ、体幹強化に効果大。



1. まずは、水をかきながら腕回しウォーキング

2. ビート板を使ってバタ足して、脚だけで泳ぐ

3. 脚の間に浮きを挟み、腕だけでクロール

4. 最後は全身でクロール。3回に1回息継ぎを

スイムの効果を存分に得るためには、「泳ぐ前のストレッチ」が重要!

まず腕を肩の高さで90°に曲げて肘同士と手の平を合わせ、そこから腕を横へ開いていき手の平は外側に向ける。肩甲骨をくっつけるイメージで限界まで開いたら、そのまま腕を真上にのばして手の甲をつける。これを3セット。

教えてくれたのは・・・

FRaUスイミングコーチ
田中雅美さん
1979年生まれ。競泳の元日本代表。オリンピックには200m平泳ぎで3大会連続出場・入賞を果たし、シドニー大会では400mメドレーリレーで銅メダルを獲得。2005年に現役を引退し、現在はスポーツコメンテーターや水泳講師として活躍。

最終更新:9月15日(木)20時0分

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]