ここから本文です

アーセナル守護神、セーブ連発でアピール成功「実力を証明するのに良い機会だった」

フットボールチャンネル 9/15(木) 7:20配信

 アーセナルに所属するコロンビア代表GKダビド・オスピナが、現地時間13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン戦(PSG)を振り返り、自身のパフォーマンスに満足した様子を見せた。14日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【写真】欧州美女特集。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 オスピナはまだ今季リーグ戦の出場はなく、PSG戦がアーセナルの選手として久しぶりにピッチで戦った試合となった。それでも随所で良い反応を見せファインセーブ連発で失点を防いでいる。結果的に1-1の引き分けに終わったが、アウェイに乗り込んで戦ったアーセナルとしては価値あるドローとなった。試合後にオスピナは自分のプレーを振り返っている。

「僕たちはチームとしてあらゆるチャンスを獲得するために懸命に働く。PSG戦は僕の実力を証明するのに良い機会だったよ。僕はただ懸命に働き、プレーするチャンスを得るために全ての機会に備えて準備をするだけさ。グループ内全てのチームを尊重しているが、その中でもPSG戦は僕にとってグループ最大のマッチだと考えていたよ」

 アーセナルが所属するグループには、PSGの他にバーゼルとルドゴレッツ・ラズグラドの2チームが入っている。その初戦から一番難敵となるPSGを相手に勝ち点1を取れたことは、グループステージ突破を目指す上で良いスタートを切ったと言えそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/15(木) 7:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。