ここから本文です

タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ『春水堂』が福岡に上陸☆

集英社ハピプラニュース 9/15(木) 21:13配信

今やスイーツドリンクの定番になったタピオカミルクティー。もちろん生まれは台湾なのですが、どのお店が最初に販売したか知っていますか? 実は日本にも進出している『春水堂(チュンスイタン)』がタピオカミルクティー発祥のお店! そんな台湾カフェブームを牽引してきた『春水堂』が、ついに西日本に上陸☆ 福岡・天神地下街に新店をオープンします。

タピオカミルクティーはもちろん、『春水堂』のドリンクはどれもこだわりたっぷり! 認定を受けた「お茶マイスター」だけが作ることができるんです。お茶、タピオカ、シロップはすべて無添加・香料不使用という自然派なのも嬉しい♪

『天神地下街店』は、アジアンモダンな雰囲気。店内には36席のイートインスペースがあるので、ショッピングやお仕事帰りにゆったりとした時間を過ごせます。「テイクアウト専用カウンター」も設置してあるので、アレンジティーを気軽にお持ち帰りもできちゃう!

西日本の皆さん、お待たせしました。本場台湾のタピオカミルクティーが味わえる『春水堂』、ぜひ堪能してみて!

『春水堂 天神地下街店』
◆福岡県福岡市中央区天神2丁目地下1号122 天神地下街西6番街
10:00~20:00

最終更新:9/15(木) 21:13

集英社ハピプラニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。