ここから本文です

C・ロナウドが古巣スポルティングとのCL初戦でキャリア通算550点目! FKで華麗に同点弾

Football ZONE web 9/15(木) 10:30配信

後半43分のエースの一撃からレアルが一気に2-1逆転勝利

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが14日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)初戦で自身プロデビューを果たした古巣スポルティングCP戦(2-1)後半43分に直接FKで同点ゴールを決め、クラブ・代表通算550得点に到達した。2015年9月30日のCLマルメ戦でキャリア公式戦500得点を達成していたゴールマシーンは、そこから350日間で衝撃の50得点を積み上げるゴールマシーンぶりを見せつけている。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 ロナウドは1点ビハインドで迎えた後半43分、ゴール正面約22メートルの位置で得意のFKで右足を一閃した。壁の外側から巻いた軌道のボールは相手守護神の手をかすめ、ゴール右隅へと吸い込まれた。勢いを得たレアルは、後半アディショナルタイムにMFハメス・ロドリゲスのクロスをFWアルバロ・モラタがヘディングで合わせて、値千金の逆転弾をゲット。敗色濃厚の状況から逆転勝利を飾った。

 英衛星放送局「スカイ・スポーツ」の情報解析部門「Sky Sports Statto」によると、ロナウドはキャリア通算550得点を達成した。クラブ別の内訳は、プロデビューを果たしたスポルティングで5得点(31試合)、 伝統のエースナンバー背番号「7」を背負ったマンチェスター・ユナイテッド118得点(292試合)、レアル366得点(350試合)、そして、ポルトガル代表で61得点(133試合)となっている。キャリア通算806試合出場で550ゴールに到達した。

レアルでは350試合で366得点

 ロナウドは昨年9月30日に行われたCLのグループステージ第2節のマルメ戦で2得点。この時の1点目がキャリア通算500得点の節目だった。この試合では元スペイン代表FWラウル・ゴンザレスが保持していた当時のレアル通算得点記録323得点にも並んでいた。それからまだ1年も経過していないが、記録は大きく塗り替えられている。

 今夏はポルトガル代表の主将として欧州選手権に参戦。決勝戦で負傷交代の悲劇に合ったものの、母国の初優勝に貢献した。希代のストライカーは、自身の持つゴール記録をどこまで伸ばすことができるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/15(木) 10:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。