ここから本文です

鬼龍院翔の“ビデオレター”、『逆襲のヴィジュアル系』トークイベントで公開決定

リアルサウンド 9/15(木) 13:07配信

 9月22日に渋谷ZEAL LINKにて開催される、音楽評論家・市川哲史による書籍『逆襲の〈ヴィジュアル系〉-ヤンキーからオタクに受け継がれたもの-』の発売記念トークイベント&サイン会で、ゴールデンボンバー・鬼龍院翔から寄せられたビデオレターが公開されることが決定した。

 『逆襲の〈ヴィジュアル系〉-ヤンキーからオタクに受け継がれたもの-』は、80年代半ばのV系黎明期より、誰よりも近い距離でシーンのアーティストを見つめてきた音楽評論家・市川哲史が、X JAPAN、LUNA SEA、GLAY、PIERROT、Acid Black Cherryなど、日本独自の音楽カルチャー〈V系〉を築いてきたアーティストたちの《伝説》を振り返りながら、ヤンキー文化からオタク文化へと受け継がれたその《美意識》の正体に迫った一冊。ゴールデンボンバー・鬼龍院翔は、本書にて録り下ろしロング・インタビューに応えている。

 トークイベントでは、鬼龍院翔からのビデオレターが上映されるほか、市川哲史によるインタビューの裏話や、今回収録を見送ったアーティストのマル秘エピソード、今後のV系シーンの展望などが語られる。V系ライターの藤谷千明が司会を務める。

 イベント参加券は、渋谷ZEAL LINKにて本書を購入した方に配布。渋谷ZEAL LINK(03-5784-9666)にて、商品の予約の際にイベントチケットも予約できる。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/15(木) 13:07

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。