ここから本文です

『お父さんと伊藤さん』、とんかつ和幸 & イカリソースとコラボ 映画公開記念メニュー発売へ

リアルサウンド 9/15(木) 14:00配信

 10月8日より公開される映画『お父さんと伊藤さん』が、とんかつ和幸とイカリソースとコラボすることが発表された。

 本作は、『百万円と苦虫女』『ロマンス』のタナダユキ監督が手がけた人間ドラマ。34歳の彩、54歳の彩の彼氏・伊藤さん、74歳の彩の父・お父さんが、2DKのアパートで共同生活をする様を描く。上野樹里が彩、リリー・フランキーが伊藤さん、藤竜也がお父さんをそれぞれ演じる。

 映画の本編には、共同生活を始めたばかりの3人がとんかつを食べるシーンを収録。とんかつにかけるソースをウスターソースにすべきか、中濃ソースにすべきかについて、3人が真剣に激論を交わし、リリー・フランキー演じる伊藤さんが、藤竜也演じるお父さんの目を盗み、ソースをかけまくる模様が描かれる。

 このシーンにちなみ、今年創業120年を迎えた老舗ブランドのイカリソースと、とんかつ専門店のとんかつ和幸とのコラボレーションが決定した。9月16日より全国のとんかつ和幸にて、映画オリジナルイカリウスターソース付きの「ロースかつ御飯」が、映画公開記念メニューとして発売される。“お父さんと伊藤さんとイカリさん”と書かれたイカリソースのボトルパッケージには、タナダユキ監督直筆の“とんかつイラスト”も描かれている。

 また、劇場パンフレットには、とんかつ和幸監修による「お家でつくる美味しいとんかつの作り方」のレシピも掲載される。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/15(木) 14:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。