ここから本文です

イブラやモウリーニョが絶賛する18歳FW “英国の新星”が「影響を受けた選手」を激白

Football ZONE web 9/15(木) 14:00配信

イングランド代表の一員としてEUROに出場。今や世界中から注目の存在に

 マンチェスター・ユナイテッドのU-21イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードは自身が影響を受けた選手として、かつてユナイテッドで栄光の背番号7を背負った名手の名前を挙げている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 今年2月のUEFAヨーロッパリーグのミッティラン戦で先発に抜擢され、2ゴールと衝撃デビューを飾った18歳のストライカーは、今やイングランドだけでなく世界中から注目される存在となった。イングランド代表の一員として欧州選手権(EURO)に出場し、ジョゼ・モウリーニョ監督やFWズラタン・イブラヒモビッチもすでに“一流”と認めている。

 そんな新星が影響を受けた選手として名前を挙げたのは、レアル・マドリードでプレーするポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだった。ユナイテッド公式の月刊誌「Inside United」でスーパースターへの思いを告白している。

「クリスティアーノ・ロナウドがユナイテッドに来て、彼はみんなから尊敬される人間だった。僕にとって印象的だったのは、彼が若くしてチームに加わったこと。そして、このチームで世界一の選手になりたいと思っていたこと」

「毎日ジムで彼を見た」とロナウドに心酔

 ロナウドは18歳だった03年にスポルティングCPからユナイテッドに移籍。当時から期待の逸材との高い評価を受け、いきなりデイビッド・ベッカムの背負っていたエースナンバー「7」を与えられるほどだった。ロナウド加入後の05年に7歳でユナイテッド下部組織に加わったラッシュフォードにとって、自身と同じく10代でユナイテッドデビューを飾ったロナウドは、まさに憧れの的だったようだ。

「彼は来る日も来る日もハードなトレーニングをして、毎日ジムで彼の姿を見た。そして、ピッチで結果を残していた。世界最高の選手になりたいと堂々と明かしていたよ」

 イブラヒモビッチから「イングランドの将来」と絶賛されるラッシュフォード。ユナイテッドでのデビュー戦だけでなく、イングランド代表や先日のU-21イングランド代表デビュー戦でゴールを決めるなど、すでにその才能をピッチ上で存分に発揮している。

 プレミアリーグ三度の優勝や07-08シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ制覇など数多くのタイトルを獲得したロナウドのように、チームに栄光をもたらす存在となれるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/15(木) 14:00

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ