ここから本文です

ユベントスの英雄デルピエロがCLドロー発進の古巣に喝 「切り替えて次に向かえ」

Football ZONE web 9/15(木) 14:50配信

ホームでセビージャ相手に“勝ちゲーム”を逃す

 イタリア王者ユベントスは、14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)開幕戦のセビージャ戦で、内容的には勝ちゲームを逃す形でのスコアレスドローに終わった。衛星放送局「スカイ・スポーツ」でこのゲームを解説した元ユベントスの「10番」であるアレッサンドロ・デルピエロ氏は、「切り替えて次に向かえ」と古巣に強調している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ユベントスはセビージャを前後半それぞれシュート1本に抑え、決定機も多く作るゲーム内容を展開したものの、セビージャ守備陣による決死のシュートブロックもありスコアレスドローに終わった。勝ち点2を逃す形になったゲームに対し、デルピエロ氏はユーベ魂を注入するかのように語った。

「僕がユベントスの選手だった時は、このようなゲームをしてしまった後は、すぐにページをめくって次の試合のことを考えた。まだグループステージは5試合の大きなチャンスを残しているのだから、失望する必要はないし、そんな時間もないんだ。とにかく、今日のゲームでうまくいかなかったことを探して改善すること。そしてもちろん、自信を失わずに進み続けるんだ」

 デルピエロ氏が活躍した1990年代後半から2000年代にかけてのユベントスは“鉄の団結”を持つチームと呼ばれ、接戦での勝負強さには定評があった。そうした時代を「10番」として作り上げてきたデルピエロ氏には、勝負を決めきれないこの日のチームは歯がゆく映ったようだ。それでも、自身の経験を踏まえて次のゲームに頭を切り替えることの重要性を、解説席からのメッセージとして残している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/15(木) 14:50

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。