ここから本文です

エマ・ワトソン、『コロニア』本編映像で下着姿に エマのコメントも公開

リアルサウンド 9/15(木) 15:27配信

 エマ・ワトソン主演作『コロニア』より、本編映像の一部が公開された。

本作は、ドイツの映画監督であるフロリアン・ガレンベルガーが、南米・チリのピノチェト独裁政権下の史実にもとずき製作したポリティカルスリラー。「ハリーポッター」シリーズのエマ・ワトソンがジャーナリストのレナ役を務め、『ラッシュ/プライドと友情』のダニエル・ブリュールがレナの恋人・ダニエル役を演じている。

 このたび公開された本編映像には、恋人が監禁されている“コロニア・ディグニダ”に身分を偽り潜入したレナが、コロニアのリーダー”教皇”パウル・シェーファー(ミカエル・ニクヴィスト)と初めて対面するシーンが収められている。コロニア内を支配しているシェーファーは、忠誠を誓うようレナに服を脱ぐように命令し…。

 エマ・ワトソンは、共演のミカエル・ニクヴィストについて「何もしなくても、何も言葉を発しなくても、すごい存在感がある素晴らしい俳優です。彼は自分の周りに独特のオーラを作り出すことが出来て、それがシェーファーを演じる上でとても重要な要素だったと思います。実在したシェーファーは冷酷な人でしたが、同時に、謎めいていて人々 をまとめ上げることができる、威厳のある指導者でもあったと思います。ミカエルにも圧倒されるような威厳と謎めいた要素があるので、まさにはまり役です」と語っている。

(c)2015 MAJESTIC FILMPRODUKTION GMBH/IRIS PRODUCTIONS S.A./RAT PACK FILMPRODUKTION GMBH/REZO PRODUCTIONS S.A.R.L./FRED FILMS COLONIA LTD.

リアルサウンド編集部

最終更新:9/15(木) 15:27

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。