ここから本文です

三池崇史監督、YouTubeチャンネル“三池崇史の穴”開設 予告編や演技ワークショップも

リアルサウンド 9/15(木) 16:47配信

 『十三人の刺客』や『テラフォーマーズ』を手掛けた監督・三池崇史のオフシャルYouTubeチャンネル“三池崇史の穴”が開設された。

 三池は、1991年に『突風!ミニパト隊』で監督デビューし、以降80もの作品でメガホンを取ってきた。近年では、カンヌ国際映画祭に『一命』が、ローマ国際映画祭に『土竜の唄 潜入捜査官 REIJI』がそれぞれコンペティション部門に出品されるなど、海外からも高い評価を受けている。また、生田斗真主演『土竜の唄 香港狂騒曲』が12月23日に、木村拓哉主演『無限の住人』が2017年のGWにそれぞれ公開を控えている。

 本チャンネルでは、これまでに三池が手掛けた作品の予告編が見られる“<三池崇史の映画の穴>~予告編~”、三池が講師を務める役者育成ワークショップを無料で受講できる“<三池崇史の役者の穴>”、オリジナルショートストーリー『地球兄弟』の“<三池崇史の短編の穴>~地球兄弟編~”、三池がプレゼンターを務めるトークショー付き試写会の番外編の“<三池崇史のトークの穴>~三池崇史監督presents大人だけの空間~”などがあり、そのほか<三池崇史の舞台の穴>や<三池崇史の出演の穴>なども開設準備中である。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/15(木) 16:47

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。