ここから本文です

ELホーム初戦で怪我明けの長友が戦線復帰へ 週末のユベントス戦に向けてアピールなるか

Football ZONE web 9月15日(木)18時15分配信

インテル専門のニュースサイトは長友を左SBで先発と予想

 インテルの日本代表DF長友佑都が、15日のUEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ初戦でスタメン出場すると予想されている。インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」は、ホームにイスラエルのハポエル・ベエルシェバを迎える一戦で、長友が左サイドバックと予想した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 インテルは週末のリーグ戦で5連覇中の王者ユベントスとの“イタリア・ダービー”を控えるため、このミッドウイークのELメンバー選考は難航していると現地メディアでは報じられてきた。インテル専門の同サイトは、長友を含む守備陣はレギュラークラスがずらりと並び、攻撃陣はターンオーバーがあると予想している。

 守護神サミル・ハンダノビッチの前に並ぶ4バックは、右からダニーロ・ダンブロージオ、ミランダ、ジェイソン・ムリージョ、長友という昨季後半戦のレギュラーたちが予想された。一方で前線は、ロドリゴ・パラシオ、エデル、ジョナタン・ビアビアニによる3トップとされ、エースFWマウロ・イカルディはベンチスタート。筋肉の状態に不安があるとされるMFイバン・ペリシッチは帯同メンバー外とされている。

 長友は右ふくらはぎの負傷により、先月末にチームを離脱。9月1日と6日に行われたワールドカップアジア最終予選の2試合も代表招集を辞退していた。先週末のペスカーラ戦ではベンチメンバーに復帰したものの出番なしに終わっている。ここでスタメン出場すれば復帰戦となる。

攻撃面の質向上が定位置確保のポイントに

 記事では、「ハポエルのシステムは4-4-2と予想されるが、勝ち点1を奪うために守備的な5-4-1で臨んでくる可能性も十分にある」とされている。サイドバックで先発予想の長友も、攻撃面での貢献が大きく求められる試合になりそうだ。

 リーグ開幕のキエーボ戦後には、攻撃面でのクオリティー不足を現地メディアに厳しく批評されていた長友だが、その意味では課題克服の試金石となる一戦でもある。週末のビッグマッチで再度スタメンのチャンスを得るためにも、回復ぶりを存分にアピールしたいところだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9月15日(木)18時15分

Football ZONE web