ここから本文です

ドルト、ポーランド王者の高揚を嘲笑う圧勝。香川が見た「楽しそうなプレー」。チームは再び上昇気流へ

フットボールチャンネル 9/15(木) 11:44配信

ドルトムントは現地時間14日、チャンピオンズリーグのグループステージ初戦でポーランド王者のレギア・ワルシャワと対戦し、6-0の勝利を収めた。直前のリーグ戦では昇格チーム相手に敗北を喫したドルトムントだったが、この勝利によって嫌な流れを払拭できたことは大きい。日本代表MF香川真司は先発から外れ、90分をベンチで過ごしたが、「みんなが楽しそうにプレーしていた」と語っている。(取材・文:本田千尋【ワルシャワ】)

絶好調、香川真司。軽快な動きでアピール【現地貴重映像】

ドルトムント、ポーランド王者に格の違いを見せつけるゴールラッシュ

 圧倒的な力の差を見せつけた。2016年9月14日、ボルシア・ドルトムントの2季ぶりのチャンピオンスリーグ(CL)が始まった。初戦の相手は、昨季ポーランド王者のレギア・ワルシャワだ。

 レギア戦を、ドルトムントは[4-1-4-1]でスタートする。

【GK】ビュルキ、
【DF】右SBピシュチェク、右CBソクラティス、左CBバルトラ、左SBシュメルツァー、
【MF】ボランチにバイグル、右インサイドハーフにゲッツェ、左インサイドハーフにゲレイロ、右ウイングがプリシッチ、左ウイングがデンベレ、
【FW】オーバメヤン

 レギアにとっては21年ぶりのCL参戦となる。試合前のゴール裏は無数の発煙筒で赤く燃えた。しかしそんな高揚を嘲笑うかのように、ドルトムントはゴールを重ねていく。7分、左サイドのデンベレのクロスから、ゲッツェがヘッドで決めて先制。1-0。15分、ゲレイロのFKからソクラティスがヘッドで追加点を奪う。2-0。17分、ゲレイロの直接FKを1度はGKが弾くが、最後はバルトラが押し込んだ。3-0。開始後の20分で、試合の決着はついてしまった。

 レギアは[4-1-4-1]で守ろうとする。しかし、ポーランド王者は守り慣れていないようだ。しっかりとした守備ブロックを形成することができない。ボランチのバイグルに対するマークは甘く、ドルトムントは悠々とビルドアップを続ける。

 バイグルからインサイドのゲレイロへのパスは面白いように通った。ゲレイロは苦もなく前を向き続けた。監督トゥヘルは「我々は自分たちのプレーを楽しんだ」と振り返る。出場機会はなかったが、香川真司もピッチの外から「すごくみんなが楽しそうにプレーしていた」と感じた。

1/2ページ

最終更新:9/15(木) 11:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。