ここから本文です

バルサ、CL快勝発進の裏で、チーム最長距離をカバーした陰の立役者とは

フットボールチャンネル 9月15日(木)12時40分配信

 チャンピオンズリーグ(CL)初戦で大勝したバルセロナ。7ゴールを挙げた攻撃陣の陰でチームを支えたのがDFセルジ・ロベルトだ。14日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 リーグ戦での金星献上から3日後に行われたセルティックとの一戦はMSN(リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール)がそれぞれ、3ゴール、2ゴール、1ゴールと大爆発した。しかし、その陰にはチーム最長の11,402mを駆け抜けたセルジ・ロベルトの存在があった。

 もちろんサッカーは走行距離を競うスポーツではないが、この試合でも24歳のDFは右サイドバックのポジションから、惜しみない上下動を繰り返し、チームに献身した。メッシの7,892m、スアレスの9,224m、ネイマールの9,947mと比べてもその奮闘ぶりは一目瞭然だ。

 そして、2位につけたのが11,226mをマークした新加入のMFアンドレ・ゴメスだ。試合中にポジションを変えたこのMFについては、ルイス・エンリケ監督もその運動量と、ポリバレントな才能に称賛を送るほどであった。

 また、3位が左サイドバック,ジョルディ・アルバの10,368mとなっている。ゴールラッシュの裏には、こうした脇役たちの献身が隠されていることを数字が語っている。

フットボールチャンネル

最終更新:9月15日(木)12時50分

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]