ここから本文です

バルサ、CL快勝発進の裏で、チーム最長距離をカバーした陰の立役者とは

フットボールチャンネル 9/15(木) 12:40配信

 チャンピオンズリーグ(CL)初戦で大勝したバルセロナ。7ゴールを挙げた攻撃陣の陰でチームを支えたのがDFセルジ・ロベルトだ。14日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 リーグ戦での金星献上から3日後に行われたセルティックとの一戦はMSN(リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール)がそれぞれ、3ゴール、2ゴール、1ゴールと大爆発した。しかし、その陰にはチーム最長の11,402mを駆け抜けたセルジ・ロベルトの存在があった。

 もちろんサッカーは走行距離を競うスポーツではないが、この試合でも24歳のDFは右サイドバックのポジションから、惜しみない上下動を繰り返し、チームに献身した。メッシの7,892m、スアレスの9,224m、ネイマールの9,947mと比べてもその奮闘ぶりは一目瞭然だ。

 そして、2位につけたのが11,226mをマークした新加入のMFアンドレ・ゴメスだ。試合中にポジションを変えたこのMFについては、ルイス・エンリケ監督もその運動量と、ポリバレントな才能に称賛を送るほどであった。

 また、3位が左サイドバック,ジョルディ・アルバの10,368mとなっている。ゴールラッシュの裏には、こうした脇役たちの献身が隠されていることを数字が語っている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/15(木) 12:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革