ここから本文です

MACO、新曲「手紙」のMVが完成 葉山奨之と松元絵里花が出演するドラマ仕立てに

リアルサウンド 9/15(木) 17:30配信

 MACOが、9月21日に発売されるセカンドアルバム『love letter』に収録するリードシングル「手紙」のミュージックビデオをYouTubeチャンネルにて公開した。

 同曲は、メールやSNSでコミュニケーションをとることが当たり前となった昨今、大切な人への大切な想いを”手紙”で伝えたい、という気持ちを歌ったラブソング。

 また、同MVの監督はこれまでもMACOのMVを手掛けてきた末吉ノブ。出演はNHK朝の連続テレビ小説「まれ」や現在公開中の映画「青空エール」で注目を集めた葉山奨之(はやましょうの・20歳)と、女性誌「Ray」の専属モデルを務める松元絵里花(まつもとえりか・20歳)が務めた。歌詞の情景を映像で表現するべく、海辺を舞台としたドラマ仕立てのミュージックビデオに仕上がっている。

【MACOコメント】
 私の中にあった「手紙」の世界観を、100パーセント描きだせたミュージックビデオになりました。私一人では、映像で表現しきれなかったことを、葉山くんと松元さんが演じてくれました。2人の愛くるしい距離感や、葉山くんの悩みながら手紙を書く姿、松元さんの屈託のない笑顔、キラキラの海、黄昏の夕日が揃って、「手紙」がより一層素晴らしいものになりました。とても思い入れがある曲なので、私のリップシーンにもぜひ注目してください。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/15(木) 17:30

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。