ここから本文です

MACO、新曲「手紙」のMVが完成 葉山奨之と松元絵里花が出演するドラマ仕立てに

リアルサウンド 9月15日(木)17時30分配信

 MACOが、9月21日に発売されるセカンドアルバム『love letter』に収録するリードシングル「手紙」のミュージックビデオをYouTubeチャンネルにて公開した。

 同曲は、メールやSNSでコミュニケーションをとることが当たり前となった昨今、大切な人への大切な想いを”手紙”で伝えたい、という気持ちを歌ったラブソング。

 また、同MVの監督はこれまでもMACOのMVを手掛けてきた末吉ノブ。出演はNHK朝の連続テレビ小説「まれ」や現在公開中の映画「青空エール」で注目を集めた葉山奨之(はやましょうの・20歳)と、女性誌「Ray」の専属モデルを務める松元絵里花(まつもとえりか・20歳)が務めた。歌詞の情景を映像で表現するべく、海辺を舞台としたドラマ仕立てのミュージックビデオに仕上がっている。

【MACOコメント】
 私の中にあった「手紙」の世界観を、100パーセント描きだせたミュージックビデオになりました。私一人では、映像で表現しきれなかったことを、葉山くんと松元さんが演じてくれました。2人の愛くるしい距離感や、葉山くんの悩みながら手紙を書く姿、松元さんの屈託のない笑顔、キラキラの海、黄昏の夕日が揃って、「手紙」がより一層素晴らしいものになりました。とても思い入れがある曲なので、私のリップシーンにもぜひ注目してください。

リアルサウンド編集部

最終更新:9月15日(木)17時30分

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]